第34回:ディーゼルLOVE(後編)

2017.03.21 カーマニア人間国宝への道

ボルボV40 D4という賢すぎる選択

(前編)からのつづき
「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」を愛車とする清水草一、「ボルボV40 D4」を昨年購入した塩見 智、この2人による「ディーゼルLOVE」対談の後編をお届けする。

塩見 智(以下 塩):デキがよすぎるV40 D4からデルタに乗り換えて、セミATの変速のガックンが来た瞬間、実は逆に「これだろう!」とも思ったんですよ、マニア的には。

清水草一(以下 清):あ、デキが悪い! って思った瞬間に愛(いと)しくなる(笑)。

塩:俺が補ってやるっていう思いが湧きますね。MTよりスムーズに走らせるのが難しいし。

清:そうそう! MTのディーゼルこそ本場欧州の王道で、それに対する憧れはあるけど、MTをうまく転がすのはもう飽きた、みたいなところもあるんだよ!

塩:過去3台のセミAT車で、そこは満喫しました。逆にトルコン+ディーゼルなら継ぎ目のない大加速が味わえる。V40は8段ですし。

清:マニアが8段トルコンなんて乗ってていいのかって感じだね、堕落だ!

塩:一番実用一辺倒っていう部分はありますね。賢すぎる。

清:でも実際乗ると、賢すぎるのって、やっぱりイイね(笑)。

塩:デキが悪いのは嫌いじゃないんですけど、あまり続けて乗るとさすがに疲れてくる。疲れてクルマが嫌いになったら元も子もないので、ここらで休憩です。

清:ただ、レアさってのはマニア的に捨て難いよ。カーマニアが「コレなんだろう?」って凝視して、「デルタですか?」って聞いてくれる。ボルボV40じゃ絶対ありえない。というか、V40 D4に乗って登場しても、誰もマニアだとは思わない。

塩:典型的な賢い消費者ですから!

塩見 智氏の愛車「ボルボV40 D4」。(写真=塩見 智)
塩見 智氏の愛車「ボルボV40 D4」。(写真=塩見 智)
エンジンカバーには衝撃吸収素材が採用される。最高出力は190ps、最大トルクは400Nm。
エンジンカバーには衝撃吸収素材が採用される。最高出力は190ps、最大トルクは400Nm。
塩見氏がお気に入りの機能は音声入力。目的地設定などでは大いに活用している。
塩見氏がお気に入りの機能は音声入力。目的地設定などでは大いに活用している。
塩見氏の愛車を試乗し、そのデキの良さにうなる清水氏。
塩見氏の愛車を試乗し、そのデキの良さにうなる清水氏。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランチア・デルタ 1.8ターボ16V(FF/6AT)【試乗記】 2011.6.28 試乗記 ランチア・デルタ 1.8ターボ16V(FF/6AT)
    ……486万3500円

    1750ターボエンジンを搭載した「ランチア・デルタ」が上陸。日本導入モデルでは初となる、フィアットの最新エンジンの走りを試した。
  • 第34回:ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • 第31回:モテはギャップからと申します 2017.2.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
ホームへ戻る