第14回:走れ、毒ヘビ

2017.04.24 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして
日本のモータースポーツにおける“東の総本山”といえば富士スピードウェイ。もちろん西は、鈴鹿サーキットである。
日本のモータースポーツにおける“東の総本山”といえば富士スピードウェイ。もちろん西は、鈴鹿サーキットである。

「世界一ケチなバイパーオーナー」ことwebCGほったが、富士スピードウェイでオートクロスに挑戦! 編集部きっての運転ベタは無事東京に帰れるのか? そもそもオートクロスって何? モータースポーツの入門にふさわしいその競技を、8リッターV10のゴーカイな走りとともにリポートする。

会場に到着したら、さっそく記念撮影。スピードを出さない性分もあってか、今のところ記者の「バイパー」は無事故・無違反。左右対称のボディー形状を保っている。
会場に到着したら、さっそく記念撮影。スピードを出さない性分もあってか、今のところ記者の「バイパー」は無事故・無違反。左右対称のボディー形状を保っている。
会場でイベントの開始を待つ参加車両の一団。スポーツカーに交じって、「ラムバン」やマッスルカー世代の「ダッジ・チャレンジャー」「プリマス・ダスター」などの姿もちらほら。「見学かな?」と思っていたら、皆走行会の参加者でビックリした。
会場でイベントの開始を待つ参加車両の一団。スポーツカーに交じって、「ラムバン」やマッスルカー世代の「ダッジ・チャレンジャー」「プリマス・ダスター」などの姿もちらほら。「見学かな?」と思っていたら、皆走行会の参加者でビックリした。
会場に立てられていたオートクロス事務局のテント。タイム計測用の光電管や、参加者の記録が表示されるモニターなどが用意されていた。
会場に立てられていたオートクロス事務局のテント。タイム計測用の光電管や、参加者の記録が表示されるモニターなどが用意されていた。

アナタの本気を知りたいの

ことの発端は、さる御仁にかけられた質問だった。
「ほったさん、バイパーで横滑りしたこととかあります?」

いや、ない。あるわけがない。ここのところ物忘れが激しい記者だが、こればかりは間違いなかろう。もし自分がそんな体験をしていたとしたら、うちのバイパーはもっと前衛的なカタチになっているはずだからだ。

かように答えたところ、その御仁はさらにこう続けた。
「こういうクルマは限界性能を知っておいた方がいいですよ。アブないから」

こういうクルマは危ないから、とはいささか強引な理屈だが、当時の記者は「それもそうか」と納得してしまった。ギョーカイ関係者を含め、多数の「俺、バイパーに乗ったことがあるんだぜ!」という御仁から、その後の悲劇を聞かされてきたからだ。某不良漫画風に言うところの、「ハードラックとダンスっちまった」という、アレである。

もちろん、単純にバイパーの動力性能に興味があったというのも事実。そりゃあ16年落ち(購入時)のジジイではあるが、現役当時は世界のレースシーンでブイブイいわしてたスポーツカーですもの。どれほどのもんか、試してみたいじゃないですか。ぐへへ。

かくして記者は、相模原のショップさんが開催する「AUTO X(オートクロス)」なるイベントに参加することとした。日付は2017年3月20日。場所は富士スピードウェイのP2駐車場である。

あなたにおすすめの記事
新着記事