トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)/日産ノートe-POWER メダリスト(FF)

電動化への2つの道 2017.05.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。

“モーター付き”のライバル対決

ガチンコ対決第2弾である。前回は「ホンダ・フリード」と「トヨタ・シエンタ」を乗り比べた。どちらもコンパクトミニバンの人気車種で、実際に比較して購入するユーザーも多いだろう。売れ筋を並べてファミリーカーとしての資質をテストするという実用的な記事だった。

今回取り上げるトヨタ・プリウスPHVと日産ノートe-POWERも、ライバルではある。ただ、この2台のどちらを買おうかと迷っている人は、多分いないはずだ。車両本体価格を見ても、プリウスPHVの366万6600円に対しノートe-POWERは224万4240円。大きさも違っていて、まったく違うセグメントに属している。

バイヤーズガイド的な記事にはならないが、比べる意味はある。電動化が進む自動車の中で、この2台は最先端に位置しているからだ。日本ではハイブリッド車(HV)が普及し、当たり前の存在になった。特別な環境車というイメージは薄れている。将来の主流が電気自動車(EV)なのか燃料電池車(FCV)なのか、あるいはほかの道があるのかはわからないが、取りあえずは過渡期をどう乗り切るかが課題となっている。

本命と目されているのがプラグインハイブリッド車(PHV)だ。環境規制の厳しいアメリカのカリフォルニア州では、2018年からHVはエコカーとみなされなくなる。世界的にも同じような流れになっていて、ヨーロッパの各メーカーは続々とPHVを投入している。プリウスは先代モデルにもPHVをラインナップしていたが、販売成績は芳しくなかった。反省を踏まえて作り込んだ自信作が2代目である。

今回試乗した2台のエコカー。写真左は2016年11月に発売された「日産ノートe-POWER メダリスト」で、右は2017年2月発売の「トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”」。
今回試乗した2台のエコカー。写真左は2016年11月に発売された「日産ノートe-POWER メダリスト」で、右は2017年2月発売の「トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”」。
テスト車の「ノートe-POWER」は、「メダリスト」と名付けられた上級グレード。メッキバンパーをはじめ、専用のエクステリアが与えられている。
テスト車の「ノートe-POWER」は、「メダリスト」と名付けられた上級グレード。メッキバンパーをはじめ、専用のエクステリアが与えられている。
「プリウスPHV」のリアビュー。ノーマルの「プリウス」と大きく異なるデザインを採用することで、差別化が図られている。
「プリウスPHV」のリアビュー。ノーマルの「プリウス」と大きく異なるデザインを採用することで、差別化が図られている。
1.8リッター直4エンジンをモーターがアシストする「プリウスPHV」のハイブリッドユニット。JC08モードの燃費値は、グレードにより37.2km/リッターまたは30.8km/リッター。
1.8リッター直4エンジンをモーターがアシストする「プリウスPHV」のハイブリッドユニット。JC08モードの燃費値は、グレードにより37.2km/リッターまたは30.8km/リッター。
関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る