800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸

2017.05.23 自動車ニュース
「フェラーリ812スーパーファスト」
「フェラーリ812スーパーファスト」

フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。

大胆にキックアップしたドアパネルの造形が目を引く。
大胆にキックアップしたドアパネルの造形が目を引く。
ホイールは前後とも20インチ。「F12tdf」と同サイズのタイヤが組み合わされる。
ホイールは前後とも20インチ。「F12tdf」と同サイズのタイヤが組み合わされる。
運転席まわりの様子。トランスミッションは7段ATのみとなる。
運転席まわりの様子。トランスミッションは7段ATのみとなる。

史上最もパワフルな一台

今年のジュネーブモーターショーで初公開された、フェラーリの新たなフラッグシップである812スーパーファスト。これによって“先代”となった「F12ベルリネッタ」のデビューは2012年の同じジュネーブモーターショーだったから、ちょうど5年で世代交代を果たしたことになる。

1947年にリリースされた、1.5リッターV12搭載の「125S」に始まり、今年創設70周年を迎えるフェラーリと共に歩んできたV12エンジンの歴史に、新たな一歩を刻むモデルという812スーパーファスト。車名は最高出力800ps発生するV12エンジンに由来しており、もはやV12搭載の新型がデビューする際の決まり文句となっているが、フェラーリ史上最もパワフルかつ最速のロードゴーイングカー(ミドエンジンおよび限定車を除く)とうたわれる。

ボディーのデザインは、近年のフェラーリ各車と同様、長年フェラーリのスタイリングを手がけたピニンファリーナではなく社内のスタイリングセンターが担当。基本的なプロポーションはF12から受け継いでいるが、リアスポイラー後端が30mm高くなったハイテール、より彫刻的なサイドビューなどによって、一段とアグレッシブな印象を受ける。

2720mmのホイールベースはF12ベルリネッタと同じ。全長×全幅×全高=4657×1971×1276mmというスリーサイズはわずかに大きいものだが、1525kgの乾燥重量はF12ベルリネッタと変わらない。

フロントセクションにアクティブフラップ、側面後方にダウンフォースを生み出すエアロダイナミックバイパスを設けるなど、空力性能は大幅に向上した。なお、ボディーカラーはフェラーリの70周年を記念した特別色「ロッソ・セッタンタ=70周年レッド)が用意される。

6.5リッターV12エンジンは、最高出力800psを発生。最大値の80%にあたるトルクを、3500rpmで生み出す。


	6.5リッターV12エンジンは、最高出力800psを発生。最大値の80%にあたるトルクを、3500rpmで生み出す。
「812スーパーファスト」の0-100km/h加速タイムは、2.9秒と公表される。
「812スーパーファスト」の0-100km/h加速タイムは、2.9秒と公表される。
「812スーパーファスト」のシート。乗車定員は2人である。
「812スーパーファスト」のシート。乗車定員は2人である。
水平基調のダッシュボードが与えられたインテリア。スペシャルモデル「ラ フェラーリ」と共通のイメージでデザインしたとアピールされる。
水平基調のダッシュボードが与えられたインテリア。スペシャルモデル「ラ フェラーリ」と共通のイメージでデザインしたとアピールされる。
リアのディフューザーには、ドラッグを低減させる3つの可動式フラップが備わる。
リアのディフューザーには、ドラッグを低減させる3つの可動式フラップが備わる。

ハイテク装備も先鋭化

フロントミドに積まれる自然吸気の65度V12 DOHCエンジンは、排気量をF12ベルリネッタの6.2リッターから6.5リッターに拡大。350バールの噴射圧を実現した直噴システムや可変インテークシステムを採用し、圧縮比は13.64に高められ、最高出力800ps(588kW)/8000rpm、最大トルク718Nm(73.2kgm)/7000rpmという、フェラーリのロードカー用自然吸気ユニットとしては過去最高の数値を誇る。加えて最大トルクの80%を3500rpmから発生するため、低回転域における素早いピックアップと良好なドライバビリティーを実現。パワーカーブは8500rpmまでリニアに上昇し、無限に感じられるほどのパワーと加速を味わうことができるという。

1964年デビューの「275GTB」以来のフロントエンジン・ベルリネッタの伝統で、トランスアクスル方式を採用、後車軸の直前に置かれるギアボックスは7段のF1デュアルクラッチ・トランスミッション。パワーの増大と高回転化に合わせて、ギア比はすべてのギアにおいて平均6%ほどショートレシオとなり、ピックアップを損なうことなく加速性能を向上。変速に要する時間も30%短縮された。

シャシー関係では、フェラーリ初となる電動パワーステアリング(EPS)を導入。このEPSをサイドスリップコントロール(SSC)の最新バージョン「5.0」を含む、すべての車体電子制御システムと統合することで、より高次元のハンドリングとロードホールディングを実現した。また、「F12tdf」で初採用されたシステムを進化させた、後輪操舵機構の「バーチャルショートホイールベース2.0システム(PCV)」を搭載。こちらも俊敏なハンドリングに貢献している。

こうした数々の新機軸が導入された812スーパーファストのパフォーマンスは、最高速度340km/h以上、0-100km/h加速2.9秒と公表される。F12ベルリネッタと比べた場合、最高速は同じだが、0-100km加速タイムは0.2秒短縮された。いっぽう燃費は、欧州複合サイクルで14.9リッター/100km(約6.7km/リッター)で、F12ベルリネッタの15.0リッター/100km(約6.6km/リッター)よりもわずかに向上している。

価格は3910万円。受注はすでに始まっており、2017年内にはデリバリーが開始される見込み。

(文=沼田 亨)

→フェラーリ812スーパーファストのフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【レビュー】 2017.7.26 試乗記 さらなるパワーと洗練を得て「ランボルギーニ・アヴェンタドール」が「アヴェンタドールS」に進化した。その実力を試す舞台に選ばれたのは鈴鹿サーキットだったが、ご覧のとおりの悪天候。このコンディションだと、いかに「S」といえども……。
ホームへ戻る