第14回:リーフだから味わえること

2013.01.21 エッセイ

第14回:リーフだから味わえること

“特別な人”斉藤さん

黒塗りの「日産セドリック」は俺が担当し、この日、リーフタクシーを運転して仕事にでたのは斉藤孝良さん(第10回参照)で、その彼から電話が入ったのは、小石川植物園の裏手にある食堂でアジフライ定食を食べ終えたときだった。リーフタクシーとは関係ない話だが、この食堂、まったく人目につかない場所にある地味な店なのだけれど、魚が美味い。だからアジフライも美味い。

「斉藤っス」
昼休みどきだし、コーヒーでもどうだという誘いの電話だと思ったら違った。例の大仰な口調で、ついさっき降りたばかりの乗客との会話を話しだした。

「『遠くに旅行してきたでしょう?』って、お客さんにいきなり言われたんッスよ。ほら、伊勢神宮に行ってきたばかりじゃないスか。だから『はい』って答えたら、そのお客、『そこで何か特別なことがあったでしょう』って。ずばり当てられちゃって、気持ち悪いっスよ〜」

と喋り続けた斉藤さんの話を要するに、つまりは以下のごとくになる。

病み上がり(第11回参照)の斉藤さん、仲間とお伊勢参りにでかけ、伊勢神宮にいくつもある(らしい)不思議な石のひとつ、外宮にある『三ツ石』に手をかざしたところ「しびれるような感じ」(斉藤談=話半分に聞かなければならない)を受けた。斉藤さんのリーフタクシーに乗った乗客は、お伊勢参りのことを知らないはずなのに、それら一連の出来事を言い当て、挙げ句、「『運転手さん(=斉藤さん)は特別な人だから特別な体験をしたんです』と言った」(斉藤談=自分の都合のいいように解釈している可能性あり)、と、こういうことなのだ。

斉藤さんの“思い込み”や話を面白くしようとする意図を差し引いても、確かに乗客の話は少しばかり不可解だ。

「でしょう」
「『特別な人』って、どういう意味なんスかね?」

会社認定の“必死さが足りない運転手”(10回参照)って意味じゃないっすかね。

ところで斉藤さん、久しぶりでリーフを運転した感じは?
「新幹線みたいっス」


第14回:リーフだから味わえることの画像
リーフタクシーの担当ドライバーである斉藤孝良さん。
リーフタクシーの担当ドライバーである斉藤孝良さん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、 ノンフィクションライターに。自動車専門誌『NAVI』(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同『CAR GRAPHIC』(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 『自殺-生き残りの証言』(文春文庫)、『通信簿はオール1』(洋泉社)、 『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。