ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)

ワルそうで、いい子 2013.06.09 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?

いい“さじ加減”の鍛え方

高性能「メガーヌ」の代名詞といえば、3ドアの「ルノースポール」(以下R.S.)である。2リッター4気筒ターボをFFとしては限界ともいえる265psまでチューン。日本仕様の足まわりは最もハードな“シャシーカップ”で、変速機はもちろんマニュアル。そんな硬派なフレンチロケットが「入ってくれば売れる」人気を誇り、去年は約400台の販売を記録したという。「カングー」と「メガーヌR.S.」がルノー・ジャポンの二枚看板である。

「エステートGT220」はやたらハイカロリーな日本仕様のメガーヌシリーズに加わったオルタナティブだ。3ドア/5ドアのメガーヌよりホイールベースを6cm延長したワゴンボディーに、R.S.用を220psまでデチューンしたエンジンを搭載する。変速機はこちらも6段MTのみだが、ドアの枚数や戦闘的すぎる雰囲気でR.S.までは踏み切れなかった人にとっては、耳寄りなニューモデルかと思う。

ワゴンボディーは5ドアハッチバックよりカッコイイし、これもR.S.と同じくらい売れるんじゃなかろうかと考えながら、ステアリングを大きくきってルノー・ジャポンのパーキングをスタートする。以前、R.S.で同じことをやったら、ロック率の高いLSDの作用か、フロントタイヤが恥ずかしいほどキュウキュウ鳴ったが、このクルマは静かである。

ダッシュボードのカーボン調化粧板に“RENAULT SPORT”のロゴが入るコクピットは「R.S.とそんなに変わりませんよ」と出がけに説明されたが、タウンスピードで走り始めると「R.S.ではない」ことは明らかだ。あんなにほえないし、乗り心地もフツーだ。もっとR.S.に近いかと思ったら、違った。しかしそのさじ加減がGT220のいいところだと思う。

当初は限定車として販売された、現行型の「メガーヌ エステート」。今回の「GT220」はその“ハイパワー版”で、カタログモデルとして扱われる。
当初は限定車として販売された、現行型の「メガーヌ エステート」。今回の「GT220」はその“ハイパワー版”で、カタログモデルとして扱われる。
インテリアの様子。要所要所に赤の差し色が使われる。ハンドル位置は右のみで、トランスミッションは6段MTに限られる。
インテリアの様子。要所要所に赤の差し色が使われる。ハンドル位置は右のみで、トランスミッションは6段MTに限られる。
3連メーターは、中央に速度計を配置。270km/hまで表示される。
3連メーターは、中央に速度計を配置。270km/hまで表示される。
ダッシュボードの助手席側の化粧パネル。スポーティーなムードを演出する。
ダッシュボードの助手席側の化粧パネル。スポーティーなムードを演出する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る