アストンが「V12ヴァンテージS」を発表

2013.05.29 自動車ニュース
「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」
「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」

アストン・マーティンが「V12ヴァンテージS」を発表

英アストン・マーティンは2013年5月28日、「V12ヴァンテージS」を発表した。

「V12ヴァンテージS」は、従来モデルの「V12ヴァンテージ」に代わる「ヴァンテージ」シリーズの最上級モデルである。

エンジンは「AM28」と呼ばれる6リッターV12で、最高出力は従来モデルを56ps上回る573ps/6750rpm、最大トルクは同じく5.1kgmアップの63.2kgm/5750rpmを発生。トランスミッションには7段セミATの「スポーツシフトIII」が組み合わされる。このトランスミッションは「V8ヴァンテージS」から導入が進められているもので、従来の6段MTと比べて25kgも軽量。ファイナルドライブレシオは3.7:1で、最高速は330km/hとうたわれている。
またエキゾーストシステムも、「One-77」由来の軽量コンパクトなものに一新された。

一方、足まわりでは、ヴァンテージ・シリーズとして初めて「Normal」「Sport」「Track」の3段階に減衰特性を調整できる、アダプティブダンピングシステムを採用。これと連動してパワーステアリングの特性を制御する、ZF製のサーボトロニックも搭載された。

内外装も一部が変更されており、エクステリアではこれまでのアルミ製に代えて、カーボンファイバー製のフロントグリルを採用。メッシュにはブラックカーボンファイバーとチタニウムシルバーの2種類が用意されており、グリル形状もエンジンルームへの空気の流入量を増やすため、コンセプトカーの「CC100スピードスター」を意識したものに改められた。
このほかにも、新デザインの10スポークアロイホイールや、ルーフなどをブラックで塗り分けるエクステリアグラフィックスパックなどが新たに採用された。

一方インテリアでは、軽量なカーボンファイバー製のスポーツシートをオプション設定。同じくカーボン製のインパネやドアハンドル、ブラックのフットペダルなどからなる、カーボンファイバーインテリアパックも用意されている。

(webCG)

→「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」のより詳細な写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
ホームへ戻る