「スバル・インプレッサ」仕様変更で質感向上

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ」
「スバル・インプレッサスポーツ」

「スバル・インプレッサ」仕様変更で質感向上

富士重工業は2013年10月29日、「スバル・インプレッサスポーツ/G4」の一部仕様を変更し、同年11月12日に発売すると発表した。

 

「スバル・インプレッサG4」
「スバル・インプレッサG4」

今回、ハッチバックの「インプレッサスポーツ」、セダンの「インプレッサG4」ともに、以下の改善が図られた。

・遮音材の強化とエンジン音の低減による、静粛性の向上
・ステアリングホイール周辺のデザイン変更および質感向上
・電動パワーステアリングのチューニングや制振性能の向上により、さらに軽快で安定感のあるハンドリングを実現
・助手席に、新たに電動調節機構を採用

価格は、インプレッサスポーツ、インプレッサG4ともに、「1.6i」(FF/CVT)の155万4000円から「2.0i-S EyeSight」(4WD/CVT)の235万2000円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサG4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
ホームへ戻る