「スバル・インプレッサ」仕様変更で質感向上

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ」
「スバル・インプレッサスポーツ」

「スバル・インプレッサ」仕様変更で質感向上

富士重工業は2013年10月29日、「スバル・インプレッサスポーツ/G4」の一部仕様を変更し、同年11月12日に発売すると発表した。

 

「スバル・インプレッサG4」
「スバル・インプレッサG4」

今回、ハッチバックの「インプレッサスポーツ」、セダンの「インプレッサG4」ともに、以下の改善が図られた。

・遮音材の強化とエンジン音の低減による、静粛性の向上
・ステアリングホイール周辺のデザイン変更および質感向上
・電動パワーステアリングのチューニングや制振性能の向上により、さらに軽快で安定感のあるハンドリングを実現
・助手席に、新たに電動調節機構を採用

価格は、インプレッサスポーツ、インプレッサG4ともに、「1.6i」(FF/CVT)の155万4000円から「2.0i-S EyeSight」(4WD/CVT)の235万2000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4インプレッサスポーツスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)/レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.10.25 試乗記 より走りに磨きをかけた「BRZ」の新グレード「STI Sport」と、このほどマイナーチェンジを受けた旗艦車種「レガシィ アウトバック/B4」。スバルの2つの最新モデルには、走りの方向性は違えど、このメーカーならではの確かなアイデンティティーが感じられた。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)... 2017.3.21 試乗記
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/C... 2017.11.4 試乗記