「スバル・インプレッサ」仕様変更で質感向上

2013.10.29 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ」
「スバル・インプレッサスポーツ」

「スバル・インプレッサ」仕様変更で質感向上

富士重工業は2013年10月29日、「スバル・インプレッサスポーツ/G4」の一部仕様を変更し、同年11月12日に発売すると発表した。

 

「スバル・インプレッサG4」
「スバル・インプレッサG4」

今回、ハッチバックの「インプレッサスポーツ」、セダンの「インプレッサG4」ともに、以下の改善が図られた。

・遮音材の強化とエンジン音の低減による、静粛性の向上
・ステアリングホイール周辺のデザイン変更および質感向上
・電動パワーステアリングのチューニングや制振性能の向上により、さらに軽快で安定感のあるハンドリングを実現
・助手席に、新たに電動調節機構を採用

価格は、インプレッサスポーツ、インプレッサG4ともに、「1.6i」(FF/CVT)の155万4000円から「2.0i-S EyeSight」(4WD/CVT)の235万2000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
インプレッサG4インプレッサスポーツスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る