マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)/13S Lパッケージ(FF/5MT)/13S(FF/6AT)

4代目はプレミアム 2014.09.26 試乗記 4代目となる新型「デミオ」がいよいよ公道に踊り出た。舞台は箱根のワインディングロード、力感に満ちた「魂動(こどう)」デザインをまとった新型は、いったいどんな走りを見せるのだろうか。注目の1.5ディーゼル、そして1.3ガソリンの両方に試乗した。

攻めのモデルチェンジ

「クラス概念を打ち破る」というのが新型「デミオ」の開発テーマである。

その中核が、国産Bセグメント初のクリーンディーゼル搭載だ。「CX-5」で大成功している2.2リッター4気筒ターボを1.5リッターにスケールダウンし、1.3リッター直噴4気筒ガソリンエンジンとの二本立てとした。販売比率も半々になるとマツダは見込んでいる。少し前まで、世界に冠たるディーゼル嫌いだった国の国産コンパクトに大変革をもたらす、たしかにクラス概念を超えたチャレンジといえる。

変速機の主力は、CVTから6段ATに代わった。一方、MTも健在で、ディーゼル用にはアテンザ同様、6段MTが用意される。エコカーだと最初から切り捨てられることが多いMT党にも手厚い。さすが“Be a driver.”のマツダである。

新しい専用プラットフォーム(車台)の採用で、ホイールベースは8cm延び、ボディー全長も16cm大きくなった。そのプラス分はスペース拡大よりも、もっぱら「魂動」デザインの実現に使われたようだ。いちばん数の出るコンパクトクラスの外観を、ここまで上位モデルと共通のイメージにするとは、日本車としては珍しい。

そのほか、細かいところで言うと、ハーフレザーシートや、ヘッドアップディスプレイや、切削アルミホイールといったオプションも、クラス概念を超えた装備といえる。

2.2リッターディーゼルがツインターボであるのに対し、新型「デミオ」に搭載された1.5リッターディーゼルエンジン(写真)はシングルターボとなる。最高出力は105ps。最大トルクは6AT仕様で25.5kgm、6MT仕様で22.4kgmを発生する。
2.2リッターディーゼルがツインターボであるのに対し、新型「デミオ」に搭載された1.5リッターディーゼルエンジン(写真)はシングルターボとなる。最高出力は105ps。最大トルクは6AT仕様で25.5kgm、6MT仕様で22.4kgmを発生する。
「XDツーリング Lパッケージ」の室内。運転席まわりはドライバーが運転に集中できるようにデザインされている。ステアリングにはチルトだけでなくテレスコピック調整機能も備わっている。
「XDツーリング Lパッケージ」の室内。運転席まわりはドライバーが運転に集中できるようにデザインされている。ステアリングにはチルトだけでなくテレスコピック調整機能も備わっている。
「Lパッケージ」を選択するとシートがハーフレザー(クロス/レザー)となるほか、インパネやセンターコンソール側面、ドアの内張りなどもオフホワイト(合皮)のデコレーションが施される。
「Lパッケージ」を選択するとシートがハーフレザー(クロス/レザー)となるほか、インパネやセンターコンソール側面、ドアの内張りなどもオフホワイト(合皮)のデコレーションが施される。
「XDツーリング」グレードには185/60R16サイズのタイヤ、および切削加工されたアルミホイールが標準で備わる。
「XDツーリング」グレードには185/60R16サイズのタイヤ、および切削加工されたアルミホイールが標準で備わる。
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る