メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表

2015.08.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC300クーペ」
「メルセデス・ベンツC300クーペ」 拡大

メルセデス・ベンツが新型「Cクラスクーペ」発表

独ダイムラーは2015年8月14日、新型「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の概要を公開。同年12月に導入を開始すると発表した。

「C250d 4MATICクーペ」
「C250d 4MATICクーペ」 拡大
 
メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表の画像 拡大
 
メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表の画像 拡大
 
メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表の画像 拡大

新型Cクラスクーペは従来モデルより全長が95mm、全幅が40mm拡大。ホイールベースも80mm延びており、このうちの60mmがダッシュボードからフロントアクスルまでの長さに充てられている。

エクステリアデザインは、セダンと同様に従来モデルより流麗なものとなっており、フロントには“スリーポインテッドスター”をいただいたシングルルーバー付きのダイヤモンドラジエーターグリルを採用。トランクリッドをまたぐ横長のテールランプなど、リアビューは「Sクラスクーペ」と類似したイメージでまとめられている。

サイドビューは、Bピラーをリアクオーターウィンドウの内側に隠したガラスエリアの意匠が特徴となっており、セダンより15mm低められたサスペンションと標準で装備される17インチアルミホイールがスポーティーなイメージを強調している。一方インテリアでは、クーペ専用に設計されたヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用。専用の内外装パーツや18インチアルミホイールを備えた「AMGライン」も用意している。

ラインナップはガソリン車が「C180」「C200」「C250」「C300」の4種類で、C180には最高出力156psの1.6リッター直4ターボエンジンを搭載。そのほかのグレードのエンジンはいずれも2リッター直4ターボで、C200には184ps、C250には211ps、C300には245psの仕様のものを搭載している。また、これらのほかに、最高出力が170psと204psの、2種類の4気筒ディーゼルエンジンも用意されている。

(webCG)

→新型「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
Cクラス クーペメルセデス・ベンツフランクフルトモーターショー2015自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
  • シンプルに、よりシンプルに
    新型「CLS」に見るこれからの“メルセデスデザイン”
    2018.7.13 デイリーコラム いよいよ日本でもお披露目された、新型「メルセデス・ベンツCLS」。同車の意匠と、ダイムラーにおいて乗用車エクステリアデザインを統括するロバート・レズニック氏へのインタビューを通し、これからのメルセデス・ベンツのデザインを読み解く。
  • 「レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車3モデル登場 2018.7.6 自動車ニュース 「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」に3タイプの特別仕様車「フリースタイル」「フリースタイル プラス」「ヘイルウッド」が登場。ランドローバーのブランド誕生70周年を記念して企画されたもので、いずれも充実した装備が魅力となっている。
ホームへ戻る