メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表

2015.08.14 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC300クーペ」
「メルセデス・ベンツC300クーペ」

メルセデス・ベンツが新型「Cクラスクーペ」発表

独ダイムラーは2015年8月14日、新型「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の概要を公開。同年12月に導入を開始すると発表した。

「C250d 4MATICクーペ」
「C250d 4MATICクーペ」
 
メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表の画像
 
メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表の画像
 
メルセデス・ベンツが新型Cクラスクーペ発表の画像

新型Cクラスクーペは従来モデルより全長が95mm、全幅が40mm拡大。ホイールベースも80mm延びており、このうちの60mmがダッシュボードからフロントアクスルまでの長さに充てられている。

エクステリアデザインは、セダンと同様に従来モデルより流麗なものとなっており、フロントには“スリーポインテッドスター”をいただいたシングルルーバー付きのダイヤモンドラジエーターグリルを採用。トランクリッドをまたぐ横長のテールランプなど、リアビューは「Sクラスクーペ」と類似したイメージでまとめられている。

サイドビューは、Bピラーをリアクオーターウィンドウの内側に隠したガラスエリアの意匠が特徴となっており、セダンより15mm低められたサスペンションと標準で装備される17インチアルミホイールがスポーティーなイメージを強調している。一方インテリアでは、クーペ専用に設計されたヘッドレスト一体型のスポーツシートを採用。専用の内外装パーツや18インチアルミホイールを備えた「AMGライン」も用意している。

ラインナップはガソリン車が「C180」「C200」「C250」「C300」の4種類で、C180には最高出力156psの1.6リッター直4ターボエンジンを搭載。そのほかのグレードのエンジンはいずれも2リッター直4ターボで、C200には184ps、C250には211ps、C300には245psの仕様のものを搭載している。また、これらのほかに、最高出力が170psと204psの、2種類の4気筒ディーゼルエンジンも用意されている。

(webCG)

→新型「メルセデス・ベンツCクラスクーペ」の詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • メルセデス、「GLC」のラインナップを拡充 2017.2.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月22日、ミドルサイズSUV「GLC」のラインナップに「GLC200」および「GLC220d 4MATIC」を追加設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る