第24回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その2)
充電環境、激変!(都心ドライブ編)

2016.03.24 エッセイ

航続可能距離の謎

なぜ北池袋なのかという話は後でするとして、「リーフ」を運転し、みなとみらいを出発した元リーフタクシー運転手、北池袋で首都高速道路5号線を降り、国道254号・川越街道を環七交差点(=都心を離れる方向)へと向け走りだしたと思ってもらいたい。
この時点でトリップメーターが示していた数字は45km(=日産自動車の地下駐車場からの数字)。真冬に営業中の初期型リーフタクシーなら1回目の急速充電に向かう頃だが、最新型リーフは大丈夫。バッテリー残量表示の目盛り12個のうち、まだ10個が残っている。電費計には1kWh当たりの電費が「平均7.6km」とでていた。ということは、積んでいるリチウムイオンバッテリーの容量は30kWhだから、そうは問屋が卸さないにしても、この調子で走り続けることが可能なら単純に30倍して228km先まで行けることになる。

どういうこと?

元リーフタクシー運転手は、スタート前の駐車場で、バッテリー残量表示の横に「202km」が表示されていたのを確認している。この状態での航続可能な距離は202kmですよと言っているわけだ。にもかかわらず、池袋の時点で、理屈のうえでは228km走れることになっている。
いや、それ以前に、事前情報として読んだ日産自動車のニュースリリースに「航続距離が280km(JC08モード)と大幅に向上」と記してあったし、2015年11月のwebCGニュ―ス『日産リーフに航続距離が長い新グレード登場』にも280kmと書いてあった。

いったい、この数字の違いはどうしたことかと考えて、そうだッ、と思い出した。
「たかし君、ちゃんと話を聞いてないと後で困りますよ」と、若くてすごくきれいな五十嵐先生は、中学時代の元リーフタクシー運転手を怒ったことが、そういえばあって、俺、どうもおとなしく説明を聞いていることができない質(たち)なのは子ども時分も年を重ねて「たかしさん」になった今も変わらないものだから、日産自動車の地下駐車場で広報担当の方が丁寧に説明してくれていたのを聞いているようで、実は注意深く耳を傾けてはいなかったのだと反省。
確か、彼はこう言っていた。

「202kmというのは、これまでの履歴から導き出された数字です」

つまり、徹底的に省エネ運転にこだわって走っていれば280km走れる理屈だけれど、実際にはそうはいかないわけで、いろいろな運転をする人たちが乗った結果、過去に乗車した彼らと同じ運転(=それぞれの運転によって異なる電費を平均したもの)をするとなると航続距離は202kmです、と、そう教えてくれているという意味だった。だから、私の運転だと228kmは走れる。何となく頭の片隅に記憶されていた彼の言葉の意味をそう理解し、いまさらながら五十嵐先生の言葉を反省とともにかみしめるのだった。

横浜の日産グローバル本社を出発し、北池袋を目指す。
横浜の日産グローバル本社を出発し、北池袋を目指す。
 
第24回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(その2)充電環境、激変!(都心ドライブ編)の画像
全車に自動ブレーキと車線逸脱警報が標準装備される「日産リーフ」。
全車に自動ブレーキと車線逸脱警報が標準装備される「日産リーフ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。

関連記事 ホームへ戻る