トヨタが新たなスポーツブランド「GR」を発表

2017.09.19 自動車ニュース
新たにラインナップされる、トヨタ「GRシリーズ」の主要モデル。
新たにラインナップされる、トヨタ「GRシリーズ」の主要モデル。

トヨタ自動車は2017年9月19日、新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。このうち“GR”モデル1車種と“GRスポーツ”モデル6車種を同日に発売した。

「トヨタ・ヴィッツ」のスポーツコンバージョンモデル3車。写真左から、「ヴィッツGRスポーツ“GR”」、「ヴィッツ“GRMN”」(プロトタイプ)、そして「ヴィッツGRスポーツ」。
「トヨタ・ヴィッツ」のスポーツコンバージョンモデル3車。写真左から、「ヴィッツGRスポーツ“GR”」、「ヴィッツ“GRMN”」(プロトタイプ)、そして「ヴィッツGRスポーツ」。
ブラックを基調にドレスアップされた「ヴィッツGRスポーツ“GR”」のインテリア。写真の5段MT車のほか、CVT車もラインナップされる。
ブラックを基調にドレスアップされた「ヴィッツGRスポーツ“GR”」のインテリア。写真の5段MT車のほか、CVT車もラインナップされる。
「ヴィッツGRスポーツ“GR”」
「ヴィッツGRスポーツ“GR”」

GRシリーズは、トヨタのGAZOO Racing Companyが国内外でのモータースポーツ活動で得た知見やノウハウをもとに開発した商品群。エンジン内部にまで手を加えた数量限定のトップモデル“GRMN”、そのエッセンスを注ぎ込みシャシーや足まわりを強化した“GR”、気軽にスポーツドライブが楽しめる拡販モデル“GRスポーツ”といった3種のコンプリートカーのほか、カスタマイズを楽しむためのアフターパーツ“GRパーツ”がラインナップされる。

まず9月19日に「ヴィッツ」の“GR”モデルと“GRスポーツ”モデル、「プリウスPHV」「マークX」「ハリアー」「ノア」「ヴォクシー」の“GRスポーツ”モデルがリリースされた後、今冬には「86」の“GR”モデルと「アクア」「プリウスα」の“GRスポーツ”モデルが、2018年春にはヴィッツの“GRMN”が発売される予定だ。

今回発売される7車種のラインナップと価格、主なチューニングポイントは以下のとおり。

【ヴィッツGRスポーツ“GR”】

  • 専用チューニングサスペンション(ザックス製ショックアブソーバー)
  • スポット溶接の打点追加
  • ブレース追加
  • 10段スポーツシーケンシャルシフトマチック(CVT車のみ)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • ヴィッツGRスポーツ“GR”<5MT車>(230万3640円)
  • ヴィッツGRスポーツ“GR”<CVT車>(230万3640円)
「ヴィッツGRスポーツ」
「ヴィッツGRスポーツ」

【ヴィッツGRスポーツ】

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット溶接の打点追加

価格

  • ヴィッツGRスポーツ<5MT車>(208万7640円)
  • ヴィッツGRスポーツ<CVT車>(208万7640円)
  • ヴィッツGRスポーツ<ハイブリッド車>(232万9560円)
「プリウスPHV S“ナビパッケージ・GRスポーツ”」
「プリウスPHV S“ナビパッケージ・GRスポーツ”」

【プリウスPHV“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • ブレース追加
  • 専用タコメーター(「GR」ロゴ付き)
  • シフトノブ(スモークブラック加飾)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • プリウスPHV S“GRスポーツ”(371万1960円)
  • プリウスPHV S“ナビパッケージ・GRスポーツ”(411万6960円)
「ハリアー エレガンス“GRスポーツ”」(2リッターターボ車)
「ハリアー エレガンス“GRスポーツ”」(2リッターターボ車)

【ハリアー“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット溶接の打点追加
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • 専用マフラー
  • カーボン調加飾(ドアスイッチベースなど)
  • 小径ステアリングホイール

価格

  • ハリアー エレガンス“GRスポーツ”<2リッターFF車>(339万8760円)
  • ハリアー エレガンス“GRスポーツ”<2リッター4WD車>(359万3160円)
  • ハリアー エレガンス“GRスポーツ”<2リッターターボ4WD車>(399万6000円)
「マークX 350RDS“GRスポーツ”」
「マークX 350RDS“GRスポーツ”」

【マークX“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット溶接の打点追加
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • カーボン調加飾(ドアスイッチベースなど)
  • 小径ステアリングホイール
  • LEDイルミネーションビーム

価格

  • マークX 350RDS“GRスポーツ”(442万8000円)
  • マークX 250S“GRスポーツ”(380万9160円)
「ノアSi“GRスポーツ”」
「ノアSi“GRスポーツ”」

【ノア“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール
  • 本革巻きステアリングホイール

価格:ノアSi“GRスポーツ”(325万7280円)

「ヴォクシーZS“GRスポーツ”」
「ヴォクシーZS“GRスポーツ”」

【ヴォクシー“GRスポーツ”】

  • 専用チューニングサスペンション
  • ブレース追加
  • 専用メーター(「GR」ロゴ付き)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール
  • 本革巻きステアリングホイール

価格:ヴォクシーZS“GRスポーツ”(325万7280円)

(文=webCG/写真=小河原認、webCG、トヨタ自動車)

関連キーワード:
ヴィッツノアヴォクシーハリアーマークXプリウスPHVトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記
  • 「トヨタGRシリーズ発表会」の会場から 2017.9.19 画像・写真