東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】ダイハツ、未来のラインナップをコンセプトカーで提案

2017.10.06 自動車ニュース
東京モーターショーに出展されるコンセプトカー「ダイハツDNコンパーノ」。
東京モーターショーに出展されるコンセプトカー「ダイハツDNコンパーノ」。拡大

ダイハツ工業は2017年10月6日、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日から11月5日)の出展概要を発表した。

「DNプロカーゴ」
「DNプロカーゴ」拡大

今回、ダイハツは創立110周年を迎えた2017年3月に設定した新しいグループスローガン「Light you up ~らしく、ともに、軽やかに~」をテーマにブースを出展。出展車両は、参考出展がワールドプレミア4車種・4台、ジャパンプレミア1車種・1台、市販車が10台となっている。

このうち、参考展示を予定しているコンセプトカーについては、少子高齢化や働き方の多様化などといった、さまざまな社会課題や環境の変化をかんがみ、“お客さまに最も近いブランド”を目指すダイハツならではのアイデアを提案。ダイハツの関係者いわく「ダイハツが現在開発を進めている次世代技術『DNGA』が実現したら、こういうクルマもありうるのではないか?」という、未来のラインナップを想起させる軽自動車2台、コンパクトカー3台のラインナップとなっている。

(webCG)

→ダイハツの各コンセプトカーの詳細はこちら

関連キーワード:
ダイハツ東京モーターショー2017モーターショー

あなたにおすすめの記事