プジョーが「RCZ」をフェイスリフト

2013.05.15 自動車ニュース
「プジョーRCZ」
「プジョーRCZ」

プジョーが「RCZ」をフェイスリフト

プジョー・シトロエン・ジャポンは2013年5月15日、2ドアクーペ「RCZ」をマイナーチェンジし、同年6月1日に発売すると発表した。

プジョーRCZは、2010年7月に発売された2+2のコンパクトスポーツクーペである。右ハンドル・6段AT仕様と左ハンドル・6段MT仕様の2種類をラインナップしており、前者には156ps、後者には200psの1.6リッター直噴ターボエンジンが搭載されている。

今回のマイナーチェンジでは、フロントマスクに「208」や新型「308」に通じる、最新のプジョーデザインを導入。ブラックライトユニットを採用したバイキセノンヘッドライトや、LEDポジションランプなどが装備された。また、ライオンエンブレムや「PEUGEOT」のレタリングも新デザインのものに変更。左ハンドル車には「Technical」と呼ばれる新しい19インチアロイホイールが採用されている。

一方インテリアでは、これまで左ハンドル車のみが採用していた、「RCZ」刻印入りの小径革巻きスポーツステアリングホイールや、大型マルチファンクションディスプレイ、エンジンの振動盤を共鳴させてスポーティーな音を響かせるサウンドシステムなどを、右ハンドル車にも装備。ドアパネルにステッチ入りレザートリムを追加したほか、アルミインサート入りのセンターコンソール、ピアノブラック仕上げのU字コンソールなどを採用した。

また、内装色に「コイーバ」と呼ばれるライトブラウンを追加設定。受注生産となるパッケージオプション装着車では、ブラックのモノトーンに加え、ブラックとグレージュ、ブルーグレー、コイーバのいずれかを組み合わせた、ツートンレザーシートが選択可能となっている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・RCZ(右ハンドル・6段AT):402万円
・RCZ(左ハンドル・6段MT):426万円
・RCZカーボンルーフ・パック(右ハンドル・6段AT):432万円
・RCZインテグラルレザー・パック(右ハンドル・6段AT):430万円
・RCZカーボンルーフ・インテグラルレザー・パック(左ハンドル・6段MT):469万円
※パッケージオプション装着車はいずれも受注生産

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る