第4回:「V40」で伊勢・志摩を訪ねる

心も体もよろこぶ旅 2014.09.18 特集 ボルボのプレミアム・スポーツコンパクト「V40」で、1000km超のロングドライブへ。観光スポットとして名高い伊勢・志摩を巡る“こだわり旅”を紹介する。

楽しむため、クルマにもこだわる

自由な時間ができると、僕はたいてい気ままなひとり旅に出掛ける。しかも移動手段は必ずクルマだ。ふだん、クルマの仕事をしているのに、オフもやっぱりクルマというのは端から見ればとても不思議だろう。けれども、クルマに乗るのが好きでこの道に足を踏み入れた僕にとって、オンもオフもクルマ漬けの毎日は、願ったりかなったりなのだ。

久しぶりに取材の予定がない週末、家族はおのおの用事があるので、これ幸いとひとり旅に出掛けることにした。「さて、どこに行こうか?」と考えながら、SNSのタイムラインを眺めていたら、美しい海と島をバックに愛車を撮影した知人の投稿が目にとまる。位置情報を確認すると「伊勢志摩スカイライン」の文字。東京から片道およそ500km。ひとり旅にはちょうどいい距離だ。

伊勢は、2013年10月に伊勢神宮の「式年遷宮」が行われたこともあり、これまで以上に日本中から注目を集めている。そして、志摩にはかねてから訪ねてみたかった場所があった。こうなればもう迷っている場合ではない。早速志摩に宿を取り、旅の準備を始めることにした。

ここで重要なのは、どんなクルマで出掛けるかということだ。ドライブそのものも楽しみたい僕にとって、つまらないクルマを長時間走らせることになったら、せっかくの休みも台なしである。
単に快適なだけでなく、運転が楽しく、キャビンが上質で、好きな音楽も楽しめるクルマ……ということで僕が選んだのは、2013年に“ボルボ旋風”を巻き起こした「V40」。従来の「C30」「S40」「V50」を統合し、ボルボの新しいエントリーモデルとして登場したこのクルマは、クーペのようなスタイリッシュなエクステリアと、質感の高いインテリア、最先端の安全装備などにより、日本でも高い注目を集めている。その販売の中心となる「V40 T4 SE」が今回のパートナーだ。

伊勢・志摩の旅へと連れ出したのは、ボルボのハッチバックモデル「V40」。2013年2月に国内で発売されて以来、そのスタイリングや充実の安全装備で人気を集めている。
伊勢・志摩の旅へと連れ出したのは、ボルボのハッチバックモデル「V40」。2013年2月に国内で発売されて以来、そのスタイリングや充実の安全装備で人気を集めている。
志摩半島周辺は、真珠の養殖で知られる。晴天の秋空の下、海面にはたくさんの養殖用イカダが浮かぶ。
志摩半島周辺は、真珠の養殖で知られる。晴天の秋空の下、海面にはたくさんの養殖用イカダが浮かぶ。
伊勢といえば神宮。昨2013年は、皇大神宮(内宮)で式年遷宮が行われ、話題となった。
伊勢といえば神宮。昨2013年は、皇大神宮(内宮)で式年遷宮が行われ、話題となった。
東京都心から伊勢西インターまでは、高速で480km強。順調にいけば5時間ほどで到達できる距離だ。
東京都心から伊勢西インターまでは、高速で480km強。順調にいけば5時間ほどで到達できる距離だ。
今回旅をともにした「V40 T4 SE」のインテリア。チャコールのダッシュボードに、ブロンドと呼ばれる明るい色調のテキスタイルシートが組み合わされる。
今回旅をともにした「V40 T4 SE」のインテリア。チャコールのダッシュボードに、ブロンドと呼ばれる明るい色調のテキスタイルシートが組み合わされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
  • 「ボルボ・アマゾン」のブルーをまとった「V40」の限定車登場 2017.2.16 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月16日、ショートワゴン「V40」に特別仕様車「アマゾンブルーエディション」を設定し、200台の台数限定で発売した。「ボルボ・アマゾン」をオマージュして設定され、ボディーカラーにはアマゾンの「ライトブルー」が採用された。
ホームへ戻る