フェラーリが605psのオープン2シーターを発表【パリサロン2014】

2014.09.26 自動車ニュース
「フェラーリ458スペチアーレA」
「フェラーリ458スペチアーレA」 拡大

【パリサロン2014】フェラーリが605psのオープン2シーターを発表

伊フェラーリは2014年9月25日、499台の限定モデル「458スペチアーレA」の概要を発表した。

ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。
ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。 拡大
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。 拡大
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。 拡大

458スペチアーレAは、「フェラーリ史上最もパワフルなオープンカー」とうたわれる、特別な限定車。いわば、2013年9月のフランクフルトショーで発表された高性能モデル「458スペチアーレ」の、オープンバージョンである。

ミドに搭載される4.5リッターV8自然吸気エンジンは、458スペチアーレと同じ605psと55.1kgmを発生。0-100km/h加速の加速タイムは3.0秒と公表される。

フェラーリによれば、このモデルは、ルマン24時間やデイトナ24時間をはじめとする、さまざまなレースにおける458シリーズの活躍を祝福するもの。
3層コートの黄色いボディーには青と白のストライプが入れられ、インテリアについても、ブルーカーボンファイバーを用いたドアパネルやセンタートンネル、さらに新デザインのアルカンターラシートなどを採用。「レーシングカーにインスパイアされた特別な仕様」となっている。

(webCG)

関連キーワード:
458スペチアーレ  フェラーリパリモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • フェラーリ458イタリア(MR/7AT)【動画試乗記】 2011.6.23 試乗記 フェラーリ458イタリア(MR/7AT)
    ……2830万円

    V8フェラーリの最新モデル「458イタリア」に試乗。このクルマの特徴はずばり、”F1感覚”が味わえること。どういうことかというと……。
ホームへ戻る