フェラーリが605psのオープン2シーターを発表【パリサロン2014】

2014.09.26 自動車ニュース
「フェラーリ458スペチアーレA」
「フェラーリ458スペチアーレA」

【パリサロン2014】フェラーリが605psのオープン2シーターを発表

伊フェラーリは2014年9月25日、499台の限定モデル「458スペチアーレA」の概要を発表した。

ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。
ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。

458スペチアーレAは、「フェラーリ史上最もパワフルなオープンカー」とうたわれる、特別な限定車。いわば、2013年9月のフランクフルトショーで発表された高性能モデル「458スペチアーレ」の、オープンバージョンである。

ミドに搭載される4.5リッターV8自然吸気エンジンは、458スペチアーレと同じ605psと55.1kgmを発生。0-100km/h加速の加速タイムは3.0秒と公表される。

フェラーリによれば、このモデルは、ルマン24時間やデイトナ24時間をはじめとする、さまざまなレースにおける458シリーズの活躍を祝福するもの。
3層コートの黄色いボディーには青と白のストライプが入れられ、インテリアについても、ブルーカーボンファイバーを用いたドアパネルやセンタートンネル、さらに新デザインのアルカンターラシートなどを採用。「レーシングカーにインスパイアされた特別な仕様」となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

458スペチアーレ  の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • 【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表 2017.2.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールドNEW 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
ホームへ戻る