フェラーリが605psのオープン2シーターを発表【パリサロン2014】

2014.09.26 自動車ニュース
「フェラーリ458スペチアーレA」
「フェラーリ458スペチアーレA」

【パリサロン2014】フェラーリが605psのオープン2シーターを発表

伊フェラーリは2014年9月25日、499台の限定モデル「458スペチアーレA」の概要を発表した。

ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。
ルーフは、アルミ製のリトラクタブルハードトップ。開閉に要する時間は、14秒となっている。
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。
車名の“A”は、イタリア語のオープンカー=Aperta(アペルタ)を示す。
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。
オープンモデル「458スペチアーレA」の乾燥重量は、クーペ「458スペチアーレ」比50kg増しの1340kg。

458スペチアーレAは、「フェラーリ史上最もパワフルなオープンカー」とうたわれる、特別な限定車。いわば、2013年9月のフランクフルトショーで発表された高性能モデル「458スペチアーレ」の、オープンバージョンである。

ミドに搭載される4.5リッターV8自然吸気エンジンは、458スペチアーレと同じ605psと55.1kgmを発生。0-100km/h加速の加速タイムは3.0秒と公表される。

フェラーリによれば、このモデルは、ルマン24時間やデイトナ24時間をはじめとする、さまざまなレースにおける458シリーズの活躍を祝福するもの。
3層コートの黄色いボディーには青と白のストライプが入れられ、インテリアについても、ブルーカーボンファイバーを用いたドアパネルやセンタートンネル、さらに新デザインのアルカンターラシートなどを採用。「レーシングカーにインスパイアされた特別な仕様」となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

458スペチアーレ  の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る