【パリモーターショー2016】2台のワールドプレミアを用意したフェラーリ

2016.10.05 自動車ニュース
3.9リッターV8ターボエンジン搭載の「フェラーリGTC4ルッソT」が登場。
3.9リッターV8ターボエンジン搭載の「フェラーリGTC4ルッソT」が登場。

2016年のパリモーターショーには、フィアットをはじめ、アルファ・ロメオやアバルト、マセラティにフェラーリと、数多くのイタリアンブランドが出展した。ただし、ランボルギーニは出展を見送り、また、プレスカンファレンスを行ったのはフェラーリ1社だけという寂しいものであった。その代わりといってはなんだが、フェラーリは2台のワールドプレミアを用意したのだ。

アンベールを待つフェラーリブースのクルマたち。
アンベールを待つフェラーリブースのクルマたち。
フェラーリの創設70周年を記念する限定モデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」。
フェラーリの創設70周年を記念する限定モデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」。
「フェラーリ488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」
「フェラーリ488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」

■V8ターボ搭載の「GTC4ルッソT」が登場

ひとつはフェラーリの4座モデルとしては初めてV8エンジンを搭載する「GTC4ルッソT」だ。搭載されるエンジンは3.9リッターのV8ターボで、最高出力は610ps、最大トルクは760Nm(77.5kgm)を誇る。また、後輪駆動とすることで車重が軽くなっており、加えて4WS(四輪操舵)の採用によって素晴らしい運動性能を実現するという。日常の通勤から、サーキット走行までをこなす万能選手とうたわれている。

もうひとつのワールドプレミアは、「ラ・フェラーリ」のオープンモデルとなる「ラ・フェラーリ・アペルタ」だ。このモデルは、同社の創設70周年を記念する限定モデルとなる。特徴となるルーフは、ソフトトップとオプションのカーボントップの2つを用意。パワーユニットは6.3リッターV12エンジンとモーターからなるハイブリッドで、システム全体の総出力は963psを誇る。

また、70周年を記念して、70種類のカラーリングバリエーションが発表され、ショー会場でも、その一部が紹介された。珍しいブリティッシュグリーンのフェラーリは、「488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」。1960年代に活躍した、英国のレーシングチームのデイヴィッド・パイパー・レーシングにちなむという。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
GTC4ルッソフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
ホームへ戻る