【パリモーターショー2016】2台のワールドプレミアを用意したフェラーリ

2016.10.05 自動車ニュース
3.9リッターV8ターボエンジン搭載の「フェラーリGTC4ルッソT」が登場。
3.9リッターV8ターボエンジン搭載の「フェラーリGTC4ルッソT」が登場。 拡大

2016年のパリモーターショーには、フィアットをはじめ、アルファ・ロメオやアバルト、マセラティにフェラーリと、数多くのイタリアンブランドが出展した。ただし、ランボルギーニは出展を見送り、また、プレスカンファレンスを行ったのはフェラーリ1社だけという寂しいものであった。その代わりといってはなんだが、フェラーリは2台のワールドプレミアを用意したのだ。

アンベールを待つフェラーリブースのクルマたち。
アンベールを待つフェラーリブースのクルマたち。 拡大
フェラーリの創設70周年を記念する限定モデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」。
フェラーリの創設70周年を記念する限定モデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」。 拡大
「フェラーリ488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」
「フェラーリ488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」 拡大

■V8ターボ搭載の「GTC4ルッソT」が登場

ひとつはフェラーリの4座モデルとしては初めてV8エンジンを搭載する「GTC4ルッソT」だ。搭載されるエンジンは3.9リッターのV8ターボで、最高出力は610ps、最大トルクは760Nm(77.5kgm)を誇る。また、後輪駆動とすることで車重が軽くなっており、加えて4WS(四輪操舵)の採用によって素晴らしい運動性能を実現するという。日常の通勤から、サーキット走行までをこなす万能選手とうたわれている。

もうひとつのワールドプレミアは、「ラ・フェラーリ」のオープンモデルとなる「ラ・フェラーリ・アペルタ」だ。このモデルは、同社の創設70周年を記念する限定モデルとなる。特徴となるルーフは、ソフトトップとオプションのカーボントップの2つを用意。パワーユニットは6.3リッターV12エンジンとモーターからなるハイブリッドで、システム全体の総出力は963psを誇る。

また、70周年を記念して、70種類のカラーリングバリエーションが発表され、ショー会場でも、その一部が紹介された。珍しいブリティッシュグリーンのフェラーリは、「488スパイダー“ザ・グリーン・ジュエル”」。1960年代に活躍した、英国のレーシングチームのデイヴィッド・パイパー・レーシングにちなむという。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
GTC4ルッソフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.5.9 試乗記 ジュネーブモーターショーでお披露目されたフェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」に公道とサーキットで試乗。モータースポーツで得た技術を注ぎ込んで徹底的な軽量化とパワーアップを果たした最新モデルは、圧倒的なスピードと走りの快感をあわせ持っていた。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る