キャデラックATSセダン長期試乗リポートにご期待ください!

2016.10.07 From Our Staff
「キャデラックATSセダン」が編集部にやってきました。
「キャデラックATSセダン」が編集部にやってきました。

通常の試乗記よりも長い時間、じっくりと試乗して、そのクルマが持つ魅力をより立体的に浮かび上がらせようと試みるwebCGの長期試乗リポート。来週(10月の3週目)から「キャデラックATSセダン」がある日常を報告する予定です。webCG ATSを、どうぞよろしくお願いします。

「ATSセダン」には「ラグジュアリー」と「プレミアム」の2グレードが設定されていますが、webCG ATSはより装備が充実した後者。これから2カ月間、よろしくお願いします。
「ATSセダン」には「ラグジュアリー」と「プレミアム」の2グレードが設定されていますが、webCG ATSはより装備が充実した後者。これから2カ月間、よろしくお願いします。

いろいろな角度からその魅力に迫ります

キャデラックATSセダンは、キャデラックのエントリーモデルにして、ヨーロッパの「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」に真っ向から勝負を挑むラグジュアリースポーツセダン。“常に、最も先進的なテクノロジーをいち早く採用する”というブランドのスローガンにのっとって、2015年12月にはApple CarPlayの標準搭載と、ATの8段化(従来型は6段)が行われました。われわれのところにやってきたATSセダンも、もちろんこの最新型。果たしてどれだけ進化したのか、興味津々です。

リポートは来週から2カ月間、継続していく予定です。取材で東奔西走するwebCG編集部員の相棒として、白いキャデラックATSセダンが都内とその近郊を中心にして、あちこちを走り回ります。そして、そこで気付いたあれこれを、編集部員がこまめにリポートしていきます。

ATSセダンは、われわれにどんなクルマ生活を提供してくれるのか。キャデラックATSセダン長期試乗リポートにご期待ください。

(webCG編集部 竹下元太郎)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:流し撮り名人、「CTS」を射抜く!
    池之平昌信カメラマンが語る新しい「キャデラックCTS」
    2017.6.5 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR> 「キャデラックCTS」の日常劇場が帰ってきた! マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化したCTSの実力を、今回のシリーズでは4回にわたってリポートする。第1回は“流し撮り職人”、池之平昌信カメラマンが新しいCTSの走りを射抜く!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • BMWが新型「5シリーズ ツーリング」を発売 2017.6.22 自動車ニュース BMWが新型「BMW 5シリーズ ツーリング」を発売した。荷室容量は5人乗車時で570リッター、後席をたたんだ状態で1700リッター。優れた空力性能も特徴で、ディーゼルモデルの「523d」では19.4km/リッターという燃費を実現している。
ホームへ戻る