ロールス・ロイス・ドーン

2015.09.09 画像・写真

英ロールス・ロイスは2015年9月8日、新型のドロップヘッドクーペ「ドーン」を発表した。

ドーンは全長×全幅×全高=5285×1947×1502mm、ホイールベース=3112mmというボディーサイズの、フル4シーターオープンモデルである。ベースとなったのは2ドアクーペ「レイス」だが、オープン化に際してボディーパネルの80%のデザインを変更。フロントまわりでは、バンパーを53mm延長し、45mm奥まった位置にグリルを配している。

ソフトトップは電動開閉式で、クローズド時の車内の静粛性はもちろん、開閉時の作動音の静かさも重視。開閉に要する時間は22秒とされており、車速が50km/hまでであれば、走行中も操作することができる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • ロールス・ロイス、8代目となる新型「ファントム」を日本に導入 2018.1.22 自動車ニュース ロールス・ロイスが8代目「ファントム」の日本導入を開始した。今回の新型にはロールス・ロイス専用に開発された「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が採用されており、快適な乗り心地と高い静粛性が徹底的に追求されている。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ロールス・ロイス・ファントム/ファントム エクステンデッド ホイールベース【海外試乗記】 2017.11.22 試乗記 「ロールス・ロイス・ファントム」がフルモデルチェンジを果たし、8代目に移行した。新型は外観こそまがうかたなきロールス・ロイスだが、新設計のアルミアーキテクチャーが用いられるなど、新時代の幕開けを感じさせる内容となっている。スイスで試乗した。
ホームへ戻る