ロールス・ロイス・ドーン

2015.09.09 画像・写真

英ロールス・ロイスは2015年9月8日、新型のドロップヘッドクーペ「ドーン」を発表した。

ドーンは全長×全幅×全高=5285×1947×1502mm、ホイールベース=3112mmというボディーサイズの、フル4シーターオープンモデルである。ベースとなったのは2ドアクーペ「レイス」だが、オープン化に際してボディーパネルの80%のデザインを変更。フロントまわりでは、バンパーを53mm延長し、45mm奥まった位置にグリルを配している。

ソフトトップは電動開閉式で、クローズド時の車内の静粛性はもちろん、開閉時の作動音の静かさも重視。開閉に要する時間は22秒とされており、車速が50km/hまでであれば、走行中も操作することができる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • イタリアブルーが鮮やかな「フィアット500」の限定車発売 2018.4.12 自動車ニュース FCAジャパンは2018年4月12日、「フィアット500」に特別仕様車「Mirror(ミラー)」を設定し、同年4月14日に100台の台数限定で発売すると発表した。価格は205万2000円。
  • 第496回:いよいよ日本でもお披露目!
    新型「スバル・フォレスター」の詳細に迫る
    2018.4.19 エディターから一言 ニューヨーク国際自動車ショーでの世界初公開から遅れること12日、日本でもいよいよ新型「スバル・フォレスター」(北米仕様)がメディア向けに披露された。そこで発表された新たな情報と、2度の取材を通して記者が感じた、このクルマの印象をリポートする。
  • 最高速は315km/h! 「ロータス・エヴォーラGT430スポーツ」発売 2018.4.13 自動車ニュース ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2018年4月13日、ロータスのフラッグシップスポーツカー「エヴォーラ」のラインナップに、新たなトップパフォーマンスグレードとなる「GT430スポーツ」を追加し、販売を開始した。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る