ロールス・ロイス・ドーン

2015.09.09 画像・写真

英ロールス・ロイスは2015年9月8日、新型のドロップヘッドクーペ「ドーン」を発表した。

ドーンは全長×全幅×全高=5285×1947×1502mm、ホイールベース=3112mmというボディーサイズの、フル4シーターオープンモデルである。ベースとなったのは2ドアクーペ「レイス」だが、オープン化に際してボディーパネルの80%のデザインを変更。フロントまわりでは、バンパーを53mm延長し、45mm奥まった位置にグリルを配している。

ソフトトップは電動開閉式で、クローズド時の車内の静粛性はもちろん、開閉時の作動音の静かさも重視。開閉に要する時間は22秒とされており、車速が50km/hまでであれば、走行中も操作することができる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWの高性能オープン「M4カブリオレ」受注開始 2018.5.24 自動車ニュース BMWジャパンは2018年5月24日、高性能オープンモデル「BMW M4カブリオレ コンペティション」と、限定車「BMW M4カブリオレ30 Jahre(ドライシッヒ ヤーレ)」の国内受注を開始した。納車は同年の秋以降になる見込み。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
ホームへ戻る