ロールス・ロイス・ドーン

2015.09.09 画像・写真

英ロールス・ロイスは2015年9月8日、新型のドロップヘッドクーペ「ドーン」を発表した。

ドーンは全長×全幅×全高=5285×1947×1502mm、ホイールベース=3112mmというボディーサイズの、フル4シーターオープンモデルである。ベースとなったのは2ドアクーペ「レイス」だが、オープン化に際してボディーパネルの80%のデザインを変更。フロントまわりでは、バンパーを53mm延長し、45mm奥まった位置にグリルを配している。

ソフトトップは電動開閉式で、クローズド時の車内の静粛性はもちろん、開閉時の作動音の静かさも重視。開閉に要する時間は22秒とされており、車速が50km/hまでであれば、走行中も操作することができる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ベイサイド ドーン エアロカウリング 2019.7.26 画像・写真 ロールス・ロイス・モーター・カーズ横浜が、海をモチーフにした「ロールス・ロイス・ドーン」のビスポークモデル「ベイサイド ドーン エアロカウリング」を発表。最先端の高級ヨットやスピードボートにインスパイアされたという、特別なドーンを写真で紹介する。
  • ロールス・ロイス・ドーン(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.13 試乗記 ロールス・ロイスがラインナップする豪華絢爛なドロップヘッドクーペ「ドーン」。全長は5.3m、エンジンは12気筒ツインターボという巨艦でオープンエアを味わうというのは、いったいどのような行為なのか? 類例のないその体験を報告する。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.14 試乗記 2009年に誕生し、ロールス・ロイス史上最高のセールスを記録してきた「ゴースト」。「先代から継承したのはマスコットと傘くらい」という新型は、確かに、既存のロールス・ロイス車とは一線を画す走りを味わわせてくれた。
  • 横浜の海をイメージしたロールス・ロイスが誕生 2017.12.20 自動車ニュース ロールス・ロイス・モーター・カーズは2017年12月20日、2ドアのオープンモデル「ドーン」の特別仕様車「ベイサイド ドーン」を発表した。価格は4347万円で、販売台数は限定されていない。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
ホームへ戻る