第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」

人にやさしいクルマ 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。

スポーツモデルのような“足”

ボルボ最大級のヒット車となったV40の大きな課題は、“乗り心地”だった。私が初めてV40に乗ったときも、「なんだ!?」と驚いた。それは、動き出すや「道路のデコボコを全て拾っているのではないか?」と思えるほどのものだった。
しかし、サスペンションの状況をみると、これがキッチリ動いている。何のことはない、スポーツモデルと同じくらい、サスペンションに強い減衰力を持たせているのだった。

それは、他のメーカーなら「GTI」や「RS」といったグレード名を付けてしまうくらいのレベル。ワインディングロードをハイスピードで走ってちょうどいいくらいの、本格的なものだ。

それを除けば、V40は理想的なクルマと言えた。例えば安全性。雪の多いスウェーデンはスリップ事故が起こりやすい。しかも交通量の少ない郊外ともなれば、少しでも救急搬送が遅れると凍死してしまう……ということなんだろう。ボルボ車を見ると、1)事故は起こらないようにする。 2)万が一クラッシュした場合は高い安全性でカバーする。という強い意志が感じられます。
その点、V40も驚くばかり! 事故につながるような状況を徹底的に想定し、そいつを防止できるように作られている。

デビュー当初から、搭載されていた安全装備の数は10余り。論議の余地なく、コンパクトカーのカテゴリーでは、安全に対して最も気合入ってます。

現行型の「ボルボV40」が日本で発売されたのは、2013年2月のこと。
現行型の「ボルボV40」が日本で発売されたのは、2013年2月のこと。
「エスプレッソ&ブレンド」のカラーリングで仕立てられた、テスト車のインテリア。中央の「モダンウッドパネル」は2万1000円のオプション。
「エスプレッソ&ブレンド」のカラーリングで仕立てられた、テスト車のインテリア。中央の「モダンウッドパネル」は2万1000円のオプション。
センターコンソールの液晶モニターでは、カーナビのほか、各種インフォテインメント情報やオーナーズマニュアルが確認できる。(画像をクリックすると画面の表示バリエーションが見られます)
センターコンソールの液晶モニターでは、カーナビのほか、各種インフォテインメント情報やオーナーズマニュアルが確認できる。(画像をクリックすると画面の表示バリエーションが見られます)
国沢光宏(くにさわ みつひろ)
1958年生まれ。自動車専門誌の編集職を経て、自動車評論の仕事に携わる。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。趣味はクルマとスキー。
国沢光宏(くにさわ みつひろ)
    1958年生まれ。自動車専門誌の編集職を経て、自動車評論の仕事に携わる。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。趣味はクルマとスキー。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • 第5回:伊勢・志摩のドライブシーンを写真で紹介 2014.9.18 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボで名だたる道を駆け、あこがれの場所に行く。その風景を写真で紹介する。
  • 「ボルボV40」にポールスターチューンの限定車登場 2017.10.27 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、コンパクトハッチバック「V40」に特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター」を設定し、50台の台数限定で発売した。価格は499万円。
  • 【LAショー2017】マツダ、アテンザをマイナーチェンジ 2017.11.17 自動車ニュース
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記