フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表

2017.03.16 自動車ニュース
「フェラーリGTC4ルッソT」と、フェラーリ極東・中東エリア統括 CEOのディーター・クネヒテル氏(右)、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(左)。
「フェラーリGTC4ルッソT」と、フェラーリ極東・中東エリア統括 CEOのディーター・クネヒテル氏(右)、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(左)。拡大

フェラーリ・ジャパンは2017年3月16日、「GTC4ルッソT」を日本で初披露した。

「GTC4ルッソT」のインテリア。
「GTC4ルッソT」のインテリア。拡大
最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する、3.9リッターV8ツインターボエンジン。
最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する、3.9リッターV8ツインターボエンジン。拡大
東京・代官山で催された発表会では、俳優の伊勢谷友介氏とモデルのクリスウェブ佳子さんによるトークショーも行われた。
東京・代官山で催された発表会では、俳優の伊勢谷友介氏とモデルのクリスウェブ佳子さんによるトークショーも行われた。拡大

フェラーリGTC4ルッソTは、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開された、フロントエンジンの4シーターモデルである。

従来モデルの「GTC4ルッソ」が6.3リッターのV12エンジンを搭載していたのに対し、今回のGTC4ルッソTは、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載。GTC4ルッソでは4WDだった駆動方式も、後輪駆動に変更している。

これらの変更により、GTC4ルッソTでは車両重量を1740kg(乾燥重量)に軽減。46:54というリア寄りの前後重量配分、後輪操舵機構、電子制御ディファレンシャル、磁性流体を用いた可変ダンパーなどにより、優れたコントロール性能を実現しているという。なお、動力性能については0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上と公称。燃費はGTC4ルッソを約30%上回る、11.6リッター/100km(約8.6km/リッター)を実現している。

一方で、4座のキャビンと450リッターのラゲッジルーム、3分割式のリアシート可倒機構がかなえる実用性や利便性の高さも同車の特長。10.25インチの高精細タッチスクリーン式インフォテインメントシステムは最新のものにバージョンアップされているという。

価格は2970万円。

(webCG)

→「フェラーリGTC4ルッソT」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
GTC4ルッソフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る