フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表

2017.03.16 自動車ニュース
「フェラーリGTC4ルッソT」と、フェラーリ極東・中東エリア統括 CEOのディーター・クネヒテル氏(右)、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(左)。
「フェラーリGTC4ルッソT」と、フェラーリ極東・中東エリア統括 CEOのディーター・クネヒテル氏(右)、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(左)。

フェラーリ・ジャパンは2017年3月16日、「GTC4ルッソT」を日本で初披露した。

「GTC4ルッソT」のインテリア。
「GTC4ルッソT」のインテリア。
最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する、3.9リッターV8ツインターボエンジン。
最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する、3.9リッターV8ツインターボエンジン。
東京・代官山で催された発表会では、俳優の伊勢谷友介氏とモデルのクリスウェブ佳子さんによるトークショーも行われた。
東京・代官山で催された発表会では、俳優の伊勢谷友介氏とモデルのクリスウェブ佳子さんによるトークショーも行われた。

フェラーリGTC4ルッソTは、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開された、フロントエンジンの4シーターモデルである。

従来モデルの「GTC4ルッソ」が6.3リッターのV12エンジンを搭載していたのに対し、今回のGTC4ルッソTは、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載。GTC4ルッソでは4WDだった駆動方式も、後輪駆動に変更している。

これらの変更により、GTC4ルッソTでは車両重量を1740kg(乾燥重量)に軽減。46:54というリア寄りの前後重量配分、後輪操舵機構、電子制御ディファレンシャル、磁性流体を用いた可変ダンパーなどにより、優れたコントロール性能を実現しているという。なお、動力性能については0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上と公称。燃費はGTC4ルッソを約30%上回る、11.6リッター/100km(約8.6km/リッター)を実現している。

一方で、4座のキャビンと450リッターのラゲッジルーム、3分割式のリアシート可倒機構がかなえる実用性や利便性の高さも同車の特長。10.25インチの高精細タッチスクリーン式インフォテインメントシステムは最新のものにバージョンアップされているという。

価格は2970万円。

(webCG)

→「フェラーリGTC4ルッソT」の詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GTC4ルッソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その1) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フェラーリは「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開した。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る