フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表

2017.03.16 自動車ニュース
「フェラーリGTC4ルッソT」と、フェラーリ極東・中東エリア統括 CEOのディーター・クネヒテル氏(右)、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(左)。
「フェラーリGTC4ルッソT」と、フェラーリ極東・中東エリア統括 CEOのディーター・クネヒテル氏(右)、フェラーリ・ジャパン&コリア代表取締役社長のリノ・デパオリ氏(左)。

フェラーリ・ジャパンは2017年3月16日、「GTC4ルッソT」を日本で初披露した。

「GTC4ルッソT」のインテリア。
「GTC4ルッソT」のインテリア。
最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する、3.9リッターV8ツインターボエンジン。
最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する、3.9リッターV8ツインターボエンジン。
東京・代官山で催された発表会では、俳優の伊勢谷友介氏とモデルのクリスウェブ佳子さんによるトークショーも行われた。
東京・代官山で催された発表会では、俳優の伊勢谷友介氏とモデルのクリスウェブ佳子さんによるトークショーも行われた。

フェラーリGTC4ルッソTは、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開された、フロントエンジンの4シーターモデルである。

従来モデルの「GTC4ルッソ」が6.3リッターのV12エンジンを搭載していたのに対し、今回のGTC4ルッソTは、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmを発生する3.9リッターV8ツインターボエンジンを搭載。GTC4ルッソでは4WDだった駆動方式も、後輪駆動に変更している。

これらの変更により、GTC4ルッソTでは車両重量を1740kg(乾燥重量)に軽減。46:54というリア寄りの前後重量配分、後輪操舵機構、電子制御ディファレンシャル、磁性流体を用いた可変ダンパーなどにより、優れたコントロール性能を実現しているという。なお、動力性能については0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上と公称。燃費はGTC4ルッソを約30%上回る、11.6リッター/100km(約8.6km/リッター)を実現している。

一方で、4座のキャビンと450リッターのラゲッジルーム、3分割式のリアシート可倒機構がかなえる実用性や利便性の高さも同車の特長。10.25インチの高精細タッチスクリーン式インフォテインメントシステムは最新のものにバージョンアップされているという。

価格は2970万円。

(webCG)

→「フェラーリGTC4ルッソT」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
GTC4ルッソフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記