第11回:フォーカスで谷保天満宮にお参り
フォードと日本の自動車史に思いをはせる

2016.02.05 特集

フォーカスで東京をちょっとドライブ。自動車と縁の深い谷保天満宮(やぼてんまんぐう)にお参りし、フォードと日本の自動車史との関係に思いをはせました。

交通安全祈願発祥の地

皆さん谷保天満宮ってご存じですか? 東京の国立市にある神社なんですけど、実は先日、フォーカスでちょっとお参りをしてきたんですよ。

なんで谷保天満宮かというと、それはここが“交通安全祈願発祥の地”だから。今をさかのぼること100年ちょっと前、自動車が大好きだった有栖川宮威仁親王殿下の先導により、日本で初めてのドライブツアーが行われました。その際に一行が訪れた場所が、この谷保天満宮だったんです。

ちなみに、このとき親王殿下が運転されたクルマはフランスのダラック。残念ながらフォードではないのですが、自動車産業黎明(れいめい)期の日本においてフォードがとても大きな存在だったのは事実です。日本への輸出開始は親王殿下のドライブツアーより早い1905年。フォードの横浜工場では年産1万台の規模で「T型」や「A型」が生産され、日本のモータリゼーションを支えたのだとか。このあたり、ご興味のある方は大矢アキオさんのエッセイ『マッキナあらモーダ! 第435回:フォード、日本撤退! しかし欧州では大人気……そのワケは?』もどうぞ。

そんな日本の自動車史とフォードの関係に思いをはせつつ、今年一年の無事故を願って拝殿をお参り。余談ですが、こちらの売店でいただける甘酒は、酒粕ではなくて麹(こうじ)で作られているそうな。クルマを運転してきた人も安心して飲めるので、お立ち寄りの際はぜひご賞味あれ。

(webCG ほった)

第10回:「フィエスタ日常劇場」にする? 日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
第12回:エクスプローラー タイタニアムにちょい乗り 日常劇場番外編~370psの高性能モデルの実力は?

谷保天満宮の拝殿。交通安全に加え、学業についてもご利益があるようです。
谷保天満宮の拝殿。交通安全に加え、学業についてもご利益があるようです。
梅林の一角に据えられた、「有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の石碑。ドライブツアーは明治41年(1908年)8月1日に行われたのだとか。
梅林の一角に据えられた、「有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の石碑。ドライブツアーは明治41年(1908年)8月1日に行われたのだとか。
敷地内の林をわが物顔で闊歩(かっぽ)するニワトリの一群。
敷地内の林をわが物顔で闊歩(かっぽ)するニワトリの一群。
谷保天満宮の駐車場にて。奥に見える建物は参集殿。かつては結婚式などに使われていたとのことです。
谷保天満宮の駐車場にて。奥に見える建物は参集殿。かつては結婚式などに使われていたとのことです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る