三菱が高級セダン「プラウディア」を発売

2012.07.04 自動車ニュース

三菱が高級セダン「プラウディア」を発売

三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。

「プラウディア」は三菱のセダンラインナップの上位に位置するモデル。日産からOEM供給を受ける「フーガ」をベースとし、これに三菱独自デザインのフロントグリルを与えたり、装備内容を充実させたりして区別化を図っている。

エンジンは2.5リッターと3.7リッターのV6ガソリンユニット2種で、フーガにはあるハイブリッド仕様は設定されない。

グレード設定は以下のとおり。2012年度の販売目標は650台。

<プラウディアのグレード設定>
「250」……ベースは「フーガ250GT Aパッケージ」。リアサスペンションにダブルピストンショックアブソーバーを採用した「コンフォートサスペンション」を標準装備として、後席の快適性を高めている。車両価格は402万2000円。
「250VIP」……「フーガ250VIP」ではオプションとなる安全装備群(日産のセットオプション「セーフティシールドパッケージ」に相当)が標準装備となる。489万1000円。
「370VIP」……「フーガ370VIP」がベース。プラウディア・シリーズの最上級モデル。555万3000円。
「370 4WD」……ベースは「フーガ370GT FOUR」。「250VIP」と同様に、日産の「セーフティシールドパッケージ」相当の安全装備が標準で装着される。512万2000円。

(webCG 竹下)

「三菱プラウディア370VIP」
「三菱プラウディア370VIP」 拡大

関連キーワード:
プラウディア, 三菱, 自動車ニュース

三菱 プラウディア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱、「ランサーセディア」「ランサーセディア ワゴン」をマイナーチェンジ 2001.6.4 自動車ニュース 三菱自動車は、2000年5月にデビューしたセダン「ランサーセディア」とそのステーションワゴン「ランサーセディア ワゴン」に新グレードを追加、装備変更などを行った。宴塔Tーセディア」は2001年5月29日から、「ランサーセディアワゴン」は6月9日から発売する。今回の変更の目玉は、「ランサーセディアワゴン」に、1.8リッター直4GDIターボを搭載したモデル「T-Touring」が追加されたこと。搭載されるのは、すでに「パジェロio」で採用済みの4G93型で、165ps/5500rpmと22.4kgm/3500rpmを発生する。エンジン出力の向上にあわせ、サスペンションには、専用のチューニングが施された。また、フロントブレーキは14インチから15インチに拡大され、リヤブレーキも8インチのドラム式から14インチのディスク式に変更された。タイヤサイズは、195/55R15で、NAモデル「Touring」と変わらない。「T-Touring」を含めた「Touring」シリーズは、「ランサーエボリューションVII」に設定されるボディカラー、ダンデライオンイエロー、パルマーレッド、ピレネーブルーの3色が選べるようになった。一方、「ランサーセディア」の変更点は、1.5リッターGDIエンジン(100ps/6000rpm、14.0kgm/3500rpm)を搭載する「MX」系グレードに、廉価版として直憤エンジンではない1.5リッターユニット(90ps/5250rpm、13.6kgm/3750rpm)を加えたこと。それにより、価格は「MX」が4.0万円、「MX-E」が10.0万円、マイナーチェンジ前より安い、それぞれ、119.8万円と129.8万円。さらに、これらの2グレードには、5段MTが新たに設定され、上記のCVT搭載車より7.5万円安い、112.3万円と122.3万円のプライスタグをつける。また、1月に発売された特別仕様車「MX-E Limited」を「EXTRA」に、「MX-S Limited」を「SALOON」と名称を変更し、グレード体系に加えた。これに伴い、1.5リッターエンジンの最高級グレード「MX-S」は、廃止された。セダン、ワゴン共通の改変として、スポーティーグレード「Touring」のフロントグリルは、ボディと同色化された。三菱がメーカーオプションで用意する総合ナビゲーションIーディオシステム「MMCS」のナビゲーションが、CD-ROM方式からDVD方式に、オーディオがカセットからMDへ変更された。価格は、「ランサーセディア」が112.3万円〜203.8万円。「ランサーセディアワゴン」が149.8万円〜203.8万円。(webCG 平山)三菱自動車「ランサーセディア」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER-CEDIA/同「ランサーセディア ワゴン」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/CEDIA-WAGON/
  • 三菱が高級セダン「プラウディア」を発売 2012.7.4 自動車ニュース 三菱自動車は、高級セダン「プラウディア」を2012年7月26日に発売する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 三菱ランサーセディアSE-R(CVT)【ブリーフテスト】 2000.8.11 試乗記 ……207.3万円 総合評価……★★
  • 三菱、「ランサーセディア」を新発売 2000.5.10 自動車ニュース 三菱自動車は、「ミラージュ/ランサー」の後継モデル「ランサーセディア」を、5月9日より発売した。「ランサーセディア」は、5ナンバーサイズのボディに、ガソリン直噴エンジンGDI+無段変速機CVTを組み合わせた、「新世代のコンパクトセダン」を謳い文句とするモデルである。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4360(1.8リッター車は4480)×1695×1430mmで、ホイールベースは2600mm。前席足元から後席ヒップポイントまでの有効室内長を1715mmとし、ゆとりある室内空間を実現したという。エンジンは1.5リッターと1.8リッター、2種類の直4 GDIを設定。1.5リッターは100ps/14.0kgm、1.8リッターは130ps/18.0kgmを発生する。これにCVTを組み合わせることで、リッター17.6km(1.5リッター車)の燃費を可能にしたというのが特徴。2010年新燃費基準および2000年排出ガス規制の両方に適合させたという。CVTには「INVECS-III」機構を採用。このシステムにより、道路や運転状況に応じて最適な変速比を自動的に選択する「最適制御」と、ドライバーの運転に合わせたシフトタイミングを設定する「学習制御」が選択できる。また1.8リッターモデル「Touring」には、マニュアルシフトが可能な「スポーツモード6-CVT」が搭載される。安全面では衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。さらに前席SRSエアバッグやISO-FIX対応チャイルドシート固定専用バー(オプション)なども備わる。価格は、1.5リッター「MX」の123.8万円から1.8リッター「SE-R」の199.8万円まで。
ホームへ戻る