トヨタ「デュエット」マイナーチェンジ

2001.12.26 自動車ニュース

トヨタ「デュエット」マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、ハッチバック「デュエット」(=グループ企業のダイハツ「ストーリア」)をマイナーチェンジし、2001年12月20日に発売した。

12月19日にマイナーチェンジされた「ダイハツ・ストーリア」と同様、内外装の一新、新型の1.3リッターエンジンの追加、環境性能の向上が主な内容となる。

具体的には、フロントマスクのデザインを変更し、車格感を演出。またインストルメントパネル、ドアトリムの意匠を水平基調とし、広々さを出したという。
エンジンは、1リッター「EJ-VE型」(64ps、9.6kgm)、1.3リッター「K3-VE2型」(110ps、12.8kgm)に、街乗り重視型の1.3リッター「K3-VE型」(90ps、12.6kgm)を追加した。
環境面では、今回追加された1.3リッター「K3-VE型」と1リッターモデルの2WD車で「平成12年基準排出ガス75%低減レベル 超-低排出ガス」を実現。そのほかの車種でも、「平成12年基準排出ガス50%低減レベル 優-低排出ガス」を達成した。

価格は、1リッターモデルが「1.0Vリトルパッケージ」(2WD/5MT)の85.8万円から「1.0X」(4WD/4AT)の134.3万円まで、1.3リッター版は、「1.3V」(2WD/5MT)の105.3万円から「1.3S」(4WD/4AT)の157.3万円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「デュエット」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Duet/

 
トヨタ「デュエット」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
デュエット, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ デュエット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」に上級グレード追加、一部改良も 2005.12.22 自動車ニュース トヨタ自動車は、「ヴィッツ」に新グレード「I 'll(アイル)」を追加設定するとともに、一部改良を実施し、2005年12月19日に発売した。
ホームへ戻る