ピレリ、新世代スタッドレスタイヤ「アイスアシンメトリコ プラス」を日本導入

2018.09.07 自動車ニュース

ピレリ ジャパンは2018年9月7日、スタッドレスタイヤの新製品「ICE ASIMMETRICO PLUS(アイスアシンメトリコ プラス)」を同月より順次発売すると発表した。

アイスアシンメトリコ プラスは、「アイスアシンメトリコ」の後継を担うピレリの新世代スタッドレスタイヤであり、新しいコンパウンドの採用により、性能(効き)の持続性を向上させた点が特徴となっている。

具体的には、従来のコンパウンドをベースにシリカ、レジン樹脂、スムースポリマー等の配合配分を改善した「デュラブルソフトコンパウンド」を新開発。改良型フィラー(充てん剤)とプラスティサイザー(可塑剤)によってガラス転移点の温度を下げることにより、トレッドコンパウンドの柔軟性がより持続するようになったという。

この新コンパウンドと、従来製品にも使用している3Dバタフライサイプ、ソフトコアブロック、スノートラップといったトレッドデザイン技術との組み合わせにより、スタッドレスタイヤに求められるトータルバランスをさらに向上させている。

日本に導入されるサイズは175/65R14から225/45R18 XLまでの全15種類で、今後も順次拡充を予定。いずれもオープン価格での販売となる。

(webCG)
 

「ピレリ・アイスアシンメトリコ プラス」
「ピレリ・アイスアシンメトリコ プラス」拡大

関連キーワード:
タイヤ・スタッドレスタイヤ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事