スズキ、SUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売

2018.12.20 自動車ニュース
スズキ・スペーシア ギア
スズキ・スペーシア ギア拡大

スズキは2018年12月20日、新型軽乗用車「スペーシア ギア」を発売した。

 
スズキ、SUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売の画像拡大
 
スズキ、SUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売の画像拡大
 
スズキ、SUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売の画像拡大
 
スズキ、SUVライクな軽ハイトワゴン「スペーシア ギア」を発売の画像拡大

スペーシア ギアは、ハイトワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」に、専用デザインのフロントバンパーや、プロテクターを模した装飾パネルなどを採用することで実現したSUVライクなスタイリングが最大の特徴だ。スペーシア、「スペーシア カスタム」に続くシリーズ第3のモデルとなっており、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備や機能装備などは、シリーズに準じたものを装備する。

インテリアの細部は専用仕立てとなっており、メーターやシートステッチにはオレンジのアクセントカラーを採用。スペーシアではスーツケースをモチーフとしていた助手席前の収納スペースは、ツールボックスをイメージした形状とした。また、ラゲッジスペースのフロアや後席のシートバックは、汚れに強い防汚仕様となっている。

ラインナップは「ハイブリッドXZ」と「ハイブリッドXZターボ」の2種類で、いずれも発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッド機構を搭載。駆動方式はいずれのグレードにもFFと4WDを用意する。JC08モードの燃費値は24.0km/リッター~28.2km/リッター。

ボディーカラーは2トーンが5タイプ、モノトーンが3色の、全8種類を設定している。

価格は以下の通り。

  • ハイブリッドXZ:161万4600円(FF車)/173万2320円(4WD車)
  • ハイブリッドXZターボ:169万5600円(FF車)/181万3320円(4WD車)

(webCG)

「スズキ・スペーシア ギア」の詳しい写真はこちら

関連キーワード:
スペーシア ギア, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る