新型「BMW 8シリーズ クーペ」の特別仕様車 限定10台で発売

2019.06.05 自動車ニュース
BMW M850i xDriveファーストエディション
BMW M850i xDriveファーストエディション拡大

BMWジャパンは2019年5月31日、新型「BMW 8シリーズ クーペ」に特別仕様車「M850i xDriveファーストエディション」を設定し、同日、10台限定で発売した。

アイボリーホワイトをベースにナイトブルーのアクセントを加えたカラーリングを採用するインテリア。
アイボリーホワイトをベースにナイトブルーのアクセントを加えたカラーリングを採用するインテリア。拡大
シート表皮にはBMWインディビジュアルのメリノレザーを採用。
シート表皮にはBMWインディビジュアルのメリノレザーを採用。拡大
エアブリーザーや20インチMライトアロイホイールをブラックとした「M850i xDriveファーストエディション」。全世界400台の販売で、日本では右ハンドル仕様が8台、左ハンドル仕様が2台の計10台が販売される。
エアブリーザーや20インチMライトアロイホイールをブラックとした「M850i xDriveファーストエディション」。全世界400台の販売で、日本では右ハンドル仕様が8台、左ハンドル仕様が2台の計10台が販売される。拡大

今回設定された「M850i xDriveファーストエディション」は、マット感を際立たせながら光の当たる角度で表情を変化させ、高級感と洗練された印象をもたらすという外装色BMWインディビジュアル フローズンバルセロナブルーをBMWとして初採用。さらにエクステリアでは、同じくBMWインディビジュアルのハイグロスシャドウラインをサイドウィンドウモールディングやキドニーグリルに用い、エアブリーザー(フロントフェンダーのエアアウトレット)や20インチMライトアロイホイールをブラックでドレスアップしている。

インテリアでは、シートやダッシュボード、ドアトリムなどにBMWインディビジュアルのメリノレザーを、ルーフライナーには同じくBMWインディビジュアルのアルカンターラを使用。アイボリーホワイトをベースにナイトブルーのアクセントを加えたカラーリング(ルーフライナーはナイトブルー単色)で、統一感のあるキャビン空間を構築している。さらにコックピットまわりのトリムにはBMWインディビジュアルのトリムピアノブラックを採用。センターコンソールパネルには、「First Edition」のロゴとシリアルナンバーが刻まれる。

価格は1923万円で、右ハンドル仕様が8台、左ハンドル仕様が2台の計10台が販売される。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事