ポルシェがブランド体験施設「ポルシェ エクスペリエンスセンター東京」を2021年夏にオープン

2020.11.24 自動車ニュース
ポルシェ エクスペリエンスセンター東京
ポルシェ エクスペリエンスセンター東京拡大

ポルシェジャパンは2020年11月24日、スポーツドライビングおよびブランド体験施設「ポルシェ エクスペリエンスセンター東京」を2021年夏にオープンすると発表した。同日の発表記者会見には、ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏と千葉県知事の森田健作氏、木更津市長の渡辺芳邦氏が臨席した。

「ポルシェ エクスペリエンスセンター東京」の建物は、日本の伝統的工芸品である江戸切り子をモチーフとした外観デザインが特徴。(写真は完成予想図)
「ポルシェ エクスペリエンスセンター東京」の建物は、日本の伝統的工芸品である江戸切り子をモチーフとした外観デザインが特徴。(写真は完成予想図)拡大
千葉県木更津市に現在建設中の「ポルシェ エクスペリエンスセンター東京」の発表記者会見に登壇した千葉県知事の森田健作氏(右)、ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏(中央)、木更津市長の渡辺芳邦氏(左)。施設の概要説明後にポルシェと千葉県および木更津市は、地域連携に向けた覚書の締結を行った。
千葉県木更津市に現在建設中の「ポルシェ エクスペリエンスセンター東京」の発表記者会見に登壇した千葉県知事の森田健作氏(右)、ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュ氏(中央)、木更津市長の渡辺芳邦氏(左)。施設の概要説明後にポルシェと千葉県および木更津市は、地域連携に向けた覚書の締結を行った。拡大

同施設は現在、千葉県木更津市に建設中。完成すれば英シルバーストーンや米アトランタ、仏ル・マン、独ライプツィヒなどに続く世界で9番目のポルシェのブランド体験施設となる。敷地面積は43ヘクタール、事業区域面積は13ヘクタール。独ポルシェAGが主導する事業であり、投資額は約50億円と発表されている。

メインとなる周回コースに加え、ローフリクションハンドリングトラックやオフロードコースといったダイナミックエリアを設置。ポルシェの運転理論や技術を学ぶことができる、専属インストラクターによる本格的なレクチャープログラムを実施するという。

周回コースは、一周2.1kmで、独ニュルブルクリンクのカルーセルや米ラグナセカのコークスクリューなどの有名コーナーを再現したエリアもつくられている。世界各国で展開されている既存の同施設が平面的なコースであるのに対して、元の地形を生かした高低差のある3Dドライビングが体験できるのも特徴のひとつだと紹介されている。

併設される建物は、日本の伝統的工芸品の江戸切り子をモチーフとした外観デザインや、日本庭園を連想させる和テイストのインテリアを採用。館内には、ラウンジやレストラン、ミーティングスペース、本格的なレーシングシミュレーターなどを用意し、ポルシェユーザーの利用だけでなくさまざまな企業のビジネスニーズにも対応する予定だ。

ポルシェでは同施設の建設に際し、木更津市立ち合いのもと「自然環境保全協定」を2020年6月15日に千葉県と締結。これを通じ、木更津市の自然と日本らしい風景を生かした建設を行うだけでなく、自然の保存、植生の回復など適切な措置を講じるとともに伐採樹木の情報を積極的に開示。さらに湿地などに生育する希少植物を保全するため、専用エリアを設置するといった一歩踏み込んだ環境への配慮を実施しているという。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事