ガラスの保護フィルムから洗車用品まで ソフト99グループが新たなサービスやカーケアグッズを披露

2021.02.12 自動車ニュース
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催となったソフト99の製品展示会。写真のようなバーチャル会場が用意された。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催となったソフト99の製品展示会。写真のようなバーチャル会場が用意された。拡大

ソフト99コーポレーションは、同社およびグループ会社の総合展示会「スプリングフェア2021」(会期:2021年2月2日~12日)をオンラインで開催し、車両の保護フィルムや洗車グッズなどの新製品について説明した。

今回披露された主な製品は、以下の通り。

ダイノウインドシールドの施工シーン。柔軟性に富むポリウレタン製シールドを(界面活性剤を塗付した)フロントガラスに敷き、へらでならせば作業は完了。
ダイノウインドシールドの施工シーン。柔軟性に富むポリウレタン製シールドを(界面活性剤を塗付した)フロントガラスに敷き、へらでならせば作業は完了。拡大
類似の製品として、色つきのヘッドランプ保護フィルムも紹介された。これで、フロントまわりの表情も大きく変わる。
類似の製品として、色つきのヘッドランプ保護フィルムも紹介された。これで、フロントまわりの表情も大きく変わる。拡大

STEKダイノウインドシールド

グループ会社のソフト99オートサービスが新たに取り扱う、独自技術により施工時間と施工コストを大幅に低減した、フロントウィンドウのプロテクションフィルム。熱を加えながら長時間の施工が必要だった従来品と異なり、「界面活性剤を散布してからガラス面に貼るだけ」という作業効率のよさが特徴。プレカットデータをもとに、各車両に適切なサイズのフィルムがラインナップされるほか、カットによる微調節も可能であるため、美しい仕上がりが得られるという。さらに、軽微な傷であれば自己修復できる特性を持ち、99%の紫外線遮断性能も備わる。

施工費用は、フロントウィンドウ1枚あたり、5万円前後から(作業時間により異なる)。現在は東京・大阪の施設で限定的に実施されるが、今後、全国の施工店へとサービスを拡大していく。

商品名の「Gen5」は「ゲンファイブ」と読む。ヒット商品「フクピカ」シリーズの第5世代であることを示している。
商品名の「Gen5」は「ゲンファイブ」と読む。ヒット商品「フクピカ」シリーズの第5世代であることを示している。拡大

フクピカGen5

ボディーだけでなく、ガラス面にも使用できるクリーニングシート。これまで困難とされていた、はっ水成分のガラス面定着を可能にしたのがポイントで、「優れたはっ水効果がボディー面で約3カ月、ガラス面であれば約2カ月持続する」とうたわれる。24枚入り。

発売予定日は、2021年3月1日。オープン価格で、想定される店頭価格は878円となっている。

ユーザーの声をもとに洗車を徹底研究して開発したという「Gジェッター」。水流と水形の調節幅の広さが自慢。
ユーザーの声をもとに洗車を徹底研究して開発したという「Gジェッター」。水流と水形の調節幅の広さが自慢。拡大

Gジェッター

新開発の洗車トリガー。無段階の水流・水形調節機能を組み合わせることで、さまざまな散水のバリエーションがつくり出せる。落下時の耐衝撃性をはじめ、トリガーそのもののタフさもセリングポイントとなっている。

発売予定日は2021年3月1日で、価格はオープン(想定店頭価格は3058円)。

「ルームピア パネルクリア」の解説用ムービーから。施工後の被膜の防汚能力は高く、油性マジックのインクもはじく。
「ルームピア パネルクリア」の解説用ムービーから。施工後の被膜の防汚能力は高く、油性マジックのインクもはじく。拡大

ルームピア パネルクリア

車内パネル用のコーティング剤。タッチパネル式センターモニターやルームミラー、ピアノブラックの樹脂パネルなどにフッ素タイプの薬液を塗ることで被膜を形成。指紋や皮脂汚れの付着を軽減する。持続効果は約30日間で、スマートフォンやタブレットの液晶画面にも使える。

同じく2021年3月1日発売で、価格はオープン(想定店頭価格は1628円)。

直接塗るタイプの「ガラコ」としては、史上最大容量となる「ぬりぬりガラコ ギガ丸」。梅雨入り前の5月に発売される。
直接塗るタイプの「ガラコ」としては、史上最大容量となる「ぬりぬりガラコ ギガ丸」。梅雨入り前の5月に発売される。拡大

ぬりぬりガラコ ギガ丸

はっ水剤の「ガラコ」誕生(1991年2月)から30周年を迎えたことを記念して発売される、徳用サイズの限定商品。ベースとなる「ぬりぬりガラコ デカ丸」に対して、2.5倍となる300mlの容量を誇る。

2021年5月発売予定で、価格はオープン。店頭での価格はデカ丸の2割増し程度となる1078円が想定されている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事