最速のオープン・ベントレー、上陸

2010.07.22 自動車ニュース

630psのオープン・ベントレー、日本で初お披露目

ベントレーモーターズジャパンは2010年7月22日、東京・お台場で開催されている「東京コンクール・デレガンス2010」の会場で、2月下旬に発表した「コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」の実車をお披露目した。

■お値段、3300万円!

「コンチネンタル」の中でも「スーパースポーツ」の名を持つモデルは、ベントレー史上、最もパワフルで、最も速い、いわば究極のシリーズ。コンバーチブルにもクーペと同じ630psの6リッターW12ツインターボエンジンが搭載され、0-100km/hが4.2秒、最高速は325km/h(クーぺは3.9秒と329km/h)と卓越した動力性能を誇る。

乗員はクーペでは軽量化のために2名へと変更されたが、コンバーチブルはベース車両と同じ4名のままとされた。車両重量は「GTCスピード」より90kg軽い2395kg。

車両価格はクーペの3150.0万円に対し、コンバーチブルは3300.0万円。納車は2011年の第一四半期を予定している。

(webCG 竹下)

「ベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」
「ベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」 拡大
 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像 拡大
後席の様子。定員は4名。
後席の様子。定員は4名。 拡大
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。 拡大
 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像 拡大
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。 拡大

関連キーワード:
コンチネンタルスーパースポーツ コンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2018.11.27 画像・写真 英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用した、ラグジュアリーオープンモデルを写真で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.4.3 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • ベントレーが「コンチネンタルGT」にV8モデルを追加設定 2019.3.19 自動車ニュース 英ベントレーは2019年3月18日(現地時間)、V8エンジンを搭載した第3世代の「コンチネンタルGT」(クーペ)と「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。搭載される4リッターのV8ツインターボは、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生させる。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
ホームへ戻る