最速のオープン・ベントレー、上陸

2010.07.22 自動車ニュース

630psのオープン・ベントレー、日本で初お披露目

ベントレーモーターズジャパンは2010年7月22日、東京・お台場で開催されている「東京コンクール・デレガンス2010」の会場で、2月下旬に発表した「コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」の実車をお披露目した。

■お値段、3300万円!

「コンチネンタル」の中でも「スーパースポーツ」の名を持つモデルは、ベントレー史上、最もパワフルで、最も速い、いわば究極のシリーズ。コンバーチブルにもクーペと同じ630psの6リッターW12ツインターボエンジンが搭載され、0-100km/hが4.2秒、最高速は325km/h(クーぺは3.9秒と329km/h)と卓越した動力性能を誇る。

乗員はクーペでは軽量化のために2名へと変更されたが、コンバーチブルはベース車両と同じ4名のままとされた。車両重量は「GTCスピード」より90kg軽い2395kg。

車両価格はクーペの3150.0万円に対し、コンバーチブルは3300.0万円。納車は2011年の第一四半期を予定している。

(webCG 竹下)

「ベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」
「ベントレー・コンチネンタルスーパースポーツコンバーチブル」 拡大
 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像 拡大
後席の様子。定員は4名。
後席の様子。定員は4名。 拡大
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。
ボンネットの下には、クローズドボディ版と同じ、630psのW12ツインターボユニットが納まる。 拡大
 
最速のオープン・ベントレー、上陸の画像 拡大
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。
「東京コンクール・デレガンス」では、ヴィンテージ・ベントレーの姿もたくさん見られた。これはベントレー初の量産モデルである1921年型「3リッター」。 拡大

関連キーワード:
コンチネンタルスーパースポーツ コンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルスーパースポーツ コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2020.4.20 試乗記 日本上陸を目前に控えた「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」に初試乗。最高出力550PSの4リッターV8ツインターボエンジンと最新「MSB」プラットフォームとのマッチングは? そしてW12との違いはどこにあるのか? 英国より報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2018.11.27 画像・写真 英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用した、ラグジュアリーオープンモデルを写真で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.4.3 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。
  • ベントレー、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表 2018.11.27 自動車ニュース 英ベントレーが新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表。ファブリック製の電動ソフトトップを備えた高性能グランドツアラーで、6リッターW12ツインターボエンジンの採用により、最高速333km/hという動力性能を実現している。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る