ヒルクライムレース「Auerberg Klassik/アウアーベルククラシック」の会場から

2019.10.25 画像・写真

「Auerberg Klassik(アウアーベルククラシック)」は、約30年ぶりに復活した、舗装された山道、いわゆる“ワインディング”を封鎖して行われるヒルクライムレースだ。場所は南ドイツの小さな街Bernbeuren(ベルンボイレン)。南部の都市ミュンヘンからクルマで約2時間。オーストリアとの国境に近いこの街を、ドイツ人たちは「ババリアンの伝統的な田舎町だ」という。

しかし、1967年から1987年までのあいだ、このベルンボイレンでは毎年9月の第3日曜日に、「Auerberg Rennen(アウアーベルクレンネン)」という名のヒルクライムレースが開催されていた。土曜日にバイク、日曜日にクルマのタイムアタックが行われ、イベントが近づくと近隣諸国から多くの参加ドライバーやライダーやチーム、そして観客がつめかけて大いに盛り上がったそうだ。

2017年、最後に開かれたアウアーベルクレンネンから30年の時を経て、同様のヒルクライムイベントを復活させたのは、そのベルンボイレンの出身者を中心とした5人のエンスージアスト。子供の時、毎年開催を楽しみにしていた村のイベントを復活させようと、自治体や警察、地元企業や二輪メーカーに呼びかけたのだ。

レース形式は、アルプスの麓にあるAuerberg (アウアーベルク)の、約2kmの山道を使ったタイムアタック。時間差で1台ずつスタートし、ゴールを目指す。それを土日の2日間行い、合計4回のタイム計測で勝者を決めるのだ。参加車両は1979年以前に生産された二輪車とサイドカー。年式や排気量によって6クラスに分かれている。車両はオリジナルコンディションにこだわらず、年式さえ合致すればチョッパースタイルのカスタムバイクも参加可能だ。ランチタイムにはヒストリックカーのデモランも行われるが、これについてはタイム計測はない。

ヒルクライムのスタート地点から少し離れた、教会がある街の中心には、スポンサー企業のプロモーションブースやドゥカティの歴史的な車両を展示するミュージアムコーナーも開設。もちろん、たくさんのテーブルとイスを設置した広場を囲むように、フードトラックやビール販売所もでき、レース後も大いに盛り上がっていた。

天候に恵まれた今回は約1万人の来場者を集め、イベントは大成功に終わった。2年ごとの開催を目指すアウアーベルククラシックの、次回の開催は2021年9月中旬だ。

(文と写真=河野正士)

あなたにおすすめの記事
新着記事