「第12回コッパ ディ東京2019」の会場から

2019.11.27 画像・写真

2019年11月23日、「第12回コッパ ディ東京2019(12a Coppa di Tokyo 2019)」が開かれた。勤労感謝の日の恒例となったこのクラシックカーイベントは、晩秋の都内を設定ルートに沿って巡り、途中3カ所でPC競技(例えば20mを5秒で、30mを6秒で走行といったふうに、決められた区間を指定時間にいかに近く走れるかを1/100秒単位で競う)を行って、走りの正確さを競うラリーである。第2回以来、第7回を除いてスタート/ゴール地点となっているのは、東京都港区東新橋 汐留シオサイト5区イタリア街の汐留西公園。ルートは毎回マイナーチェンジされるが、今回はイタリア街を出てから新橋~神田~上野~浅草・今戸神社~柳橋~枝川~有明を経て、イタリア街に戻る全長約31kmだった。

今回は2019年にザガートが創立100周年を迎えたことを記念して、クラブ・ザガート・ジャポネとコラボレーション。およそ30台のザガートボディーを持つモデルを含め、エントリーリストには過去最高となる120台以上が名を連ねた。ただし前日からの降雨により、リストとは異なる車両で出走したエントラントも数組いた。

このイベントは、どういうわけか天候に恵まれないことが多いような気がする。リポーターが取材を始めたのは2010年の第3回からだが、2010年、2012年、2017年、そして今年と雨に降られている。10回中4回だから4割だが、降られないまでも曇天で寒かった回などもあったため、そういう印象が強いのだろう。中でも今回は、開催中一瞬たりともやむことなく降り続けていた。参加者、スタッフ、そしてわれわれ取材者にとっても、できることなら雨は降らないほうがありがたい。とはいえ降れば降ったで、景色に独特の風情が生まれることも事実なのだ。そんな思いをお伝えできるかどうかはわからないが、イベントの様子を出走車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事