「第13回&14回 コッパ ディ 東京2020」の会場から

2020.11.28 画像・写真

2020年11月22日、23日、「第13回&14回 コッパ ディ 東京2020」が開かれた。このイベントは晩秋の都内を設定ルートに沿ってクラシックカーで巡り、途中数カ所でPC競技(例えば20mを5秒で、30mを6秒で走行といったふうに、決められた区間を指定時間にいかに近く走れるかを100分の1秒単位で競う)を行って、走りの正確さを競うラリーである。

クラシックカーによるタイムラリーのシリーズ選手権である「コッパ ジャポネ」の1戦となるが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、同シリーズの「コッパ ディ 小海」は延期となり、「コッパ ディ 京都」は中止。そうした状況のなか、コッパ ディ 東京だけは疫病退散の祈りを込めて開催された。

開催にあたり、スタート/ゴール地点となっている東京都港区東新橋にある汐留シオサイト5区イタリア街の汐留西公園での密状態を避けるため、参加車両を分散させるべく実施を2日(2回)に分けた。そして会場付近でのランチおよび表彰式は行わず、ギャラリーの公園内への入場も禁止した。2日間のプログラムは同じではなく、第13回(22日)は初の試みとなるツーリングのみ、第14回(23日)は例年どおりPC競技ありで、それぞれルートも異なる。参加台数は第13回が約80台、第14回が約70台だった。

リポーターが取材に訪れた第14回のルートは、イタリア街から東京タワー~芝大門~二重橋~千鳥ヶ淵を経て最初のチェックポイントである神田明神でおはらいを受けた後、不忍池~国立博物館~鶯谷を経て浅草の今戸神社でおみくじを引き、柳橋でおみやげをもらい、両国橋を渡ってから南下して豊洲市場~台場と回り、レインボーブリッジを渡ってイタリア街に戻る全長約33kmだった。絶好のイベント日和に恵まれた、そのルートを行く出走車両を紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事