「第32回東京ベイサイド・クラシックカップ/第11回ファミリーサーキットデイ」の会場から

2021.03.11 画像・写真

2021年3月7日、千葉県袖ケ浦市の袖ケ浦フォレストレースウェイで「第32回東京ベイサイド・クラシックカップ/第11回ファミリーサーキットデイ」が開かれた。

2013年から袖ケ浦フォレストレースウェイで定期開催されている「東京ベイサイド・クラシックカップ(TBCC)」は、1972年までに生産された車両(継続生産された同型車含む)による、年間4戦のクラシックカーレースのシリーズ戦である。通算32回目、シーズン8の最終戦となる今回は、東京都自動車整備振興会 調布多摩川支部が主催する年に一度の走行会「第11回ファミリーサーキットデイ(FCD)」が併催された。

TBCCは車両のポテンシャルおよびドライバーのスキル(ラップタイム)によって、下位からクラブマンズカップとクリスタルカップ、スーパークリスタルカップ、ハイパークリスタルカップの全4クラスに分けて競う。今回の出走車両はクラブマンズカップが30台、クリスタルカップが15台、混走となったスーパークリスタルカップとハイパークリスタルカップが18台の計63台だった。

いっぽうのFCDは、年式や車種を問わずサーキット走行が楽しめるイベント。ヘルメットやドライビンググローブなどの着用義務なし、同乗者OKでペースカーが安全な速度で先導するパレードランから、タイム計測ありのスポーツ走行まで全5カテゴリーに分けられ、合わせておよそ80台が参加した。

この日の袖ケ浦地方は最高気温が9度、冷たい北風が吹いて体感温度はさらに低く、寒い一日だった。にもかかわらず150台近くがサーキットランを楽しんだ会場から、出走車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事