「第30回 スプレンドーレ伊香保」の会場から

2021.09.08 画像・写真

2021年9月5日、群馬県北群馬郡吉岡町にある「伊香保 おもちゃと人形自動車博物館」が主催するクラシックカーラリー「第30回 スプレンドーレ伊香保」が開かれた。同館館長の横田正弘氏はクルマ好きが高じて1994年に博物館をオープンし、2009年にはスプレンドーレ伊香保を初開催。それから12年、同館が主催するクラシックカーラリーのスプレンドーレシリーズは、今回で記念すべき30回目を迎えた。新型コロナ禍による中止などもあってほぼ2年ぶりの開催となるが、参加者には事前連絡を徹底し、密状態を避けるべく出走前のドライバーズミーティングも実施しないなどの感染対策がとられた今回の参加車両は計77台。参加資格は1980年までに製造された車両(ただしクラシック「ミニ」、トヨタの「AE86」、モーガン全般は年式不問)および主催者が認めた車両。コースは伊香保や榛名湖周辺を経て、群馬県吾妻郡の浅間隠山に至るワインディングロードとカントリーロード主体の全長約60kmである。

コースには計6カ所のスタンプポイント、1カ所のスピードガン計測ポイント、そして1カ所の買い物ゲームのポイントがあるほか、榛名湖畔の駐車場に同イベントのメインとなる、決められた区間を指定時間にいかに近く走れるかを競うPC競技の会場を設置。参加者は計28カ所の計測ポイントで、1000分の1秒単位で走りの正確さを競った。

当日は朝からあいにく小雨が降ったりやんだりの天候だったが、この種のラリー愛好家にはそれも織り込み済み。なにより久々となる、本格的なPC競技を含むドライブを楽しんでいた。コースから、参加車両を中心に紹介しよう。

(文と写真=沼田 亨)

あなたにおすすめの記事
新着記事