マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示

2003.12.02 自動車ニュース

マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示

フェラーリとマゼラーティの日本総代理店、コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、2003年12月4日から同月7日まで、東京・プランタン銀座1階のイベントスペースで、「マゼラーティ・スパイダー展示フェア」を開催する。

この展示フェアは、2002年に続き2回目の開催。今年は、白いボディのオープンモデル「マゼラーティ・スパイダー」1台を、銀座の定番スポットであるプランタン銀座の正面口に展示する。
プランタン銀座には、この時期、1日約2万人の来店が見込まれるという。主催者側は、クリスマスムード一色の銀座の街に、標準モデルでも1250.0万円という高級車で華やかな彩りを添え、ブランドのイメージアップと販売促進の強化につなげたい考えだ。

会場では、営業担当者1人が常駐して質問や相談の対応にあたる。さらに、「マゼラーティ・クーペ&スパイダー」のパンフレットを配布するほか、2台の大型モニターでマゼラーティのプロモーションビデオを放映するという。
開催時間は、午前10時から午後8時30分まで(ただし7日は午後7時30分まで)。

(webCG カワデ)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornesmotor.com/

 
マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示の画像


 
マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示の画像

関連キーワード:
スパイダー, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • さらば「マセラティ・グラントゥーリズモ」 イタリアが生んだ名車の足跡をたどる 2019.12.2 デイリーコラム 2007年のデビュー以来、12年にわたり現役であり続けた「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」。イタリア・モデナが生んだ流麗なスポーツクーペ/カブリオレのモデルライフを振り返るとともに、マセラティの未来に思いをはせた。
  • 第153回:26歳、まさかのフェラーリ! 2019.12.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第153回は「26歳、まさかのフェラーリ!」。筆者主催のイベント「大乗フェラーリミーティング」でオーナーたちの素顔に迫る。“12気筒は世界一”を信じ、最年少オーナーが選んだ“ヤバい”モデルとは?
  • 第151回:黒まむしスッポン丸 2019.11.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第151回は「黒まむしスッポン丸」。2年半ぶりに出合った“鼻血モノ”は、やっぱりあのクルマだった! 「なぜ、コレ!?」という周囲の反応が相次ぐ中、買い換えに踏み切った、確固たる理由とは?
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • トヨタC-HR“GRスポーツ”【試乗記】 2019.12.2 試乗記 トヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」に、スポーツコンバージョンモデル“GRスポーツ”が追加された。パワートレインには手をつけないライトなチューニングが特徴のGRスポーツだが、コースと時間がかぎられた試乗でも、標準車とのちがいがはっきりくっきりと感じ取れたのだった。
ホームへ戻る