マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示

2003.12.02 自動車ニュース

マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示

フェラーリとマゼラーティの日本総代理店、コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、2003年12月4日から同月7日まで、東京・プランタン銀座1階のイベントスペースで、「マゼラーティ・スパイダー展示フェア」を開催する。

この展示フェアは、2002年に続き2回目の開催。今年は、白いボディのオープンモデル「マゼラーティ・スパイダー」1台を、銀座の定番スポットであるプランタン銀座の正面口に展示する。
プランタン銀座には、この時期、1日約2万人の来店が見込まれるという。主催者側は、クリスマスムード一色の銀座の街に、標準モデルでも1250.0万円という高級車で華やかな彩りを添え、ブランドのイメージアップと販売促進の強化につなげたい考えだ。

会場では、営業担当者1人が常駐して質問や相談の対応にあたる。さらに、「マゼラーティ・クーペ&スパイダー」のパンフレットを配布するほか、2台の大型モニターでマゼラーティのプロモーションビデオを放映するという。
開催時間は、午前10時から午後8時30分まで(ただし7日は午後7時30分まで)。

(webCG カワデ)

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド:
http://www.cornesmotor.com/

 
マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示の画像


 
マゼラーティ、銀座で「スパイダー」を展示の画像

関連キーワード:
スパイダー, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)【試乗記】 2010.7.9 試乗記 マセラティ・グランカブリオ(FR/6AT)
    ……1957万3000円

    ピニンファリーナの手になる「マセラティ・グランカブリオ」が日本上陸。イタリアン4シーターオープンはどんな味付けなのか?
  • さらば「マセラティ・グラントゥーリズモ」 イタリアが生んだ名車の足跡をたどる 2019.12.2 デイリーコラム 2007年のデビュー以来、12年にわたり現役であり続けた「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」。イタリア・モデナが生んだ流麗なスポーツクーペ/カブリオレのモデルライフを振り返るとともに、マセラティの未来に思いをはせた。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • 「ルノー・トゥインゴ」に5段MTを搭載した新グレード登場 2020.2.3 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年2月3日、コンパクトハッチバック車「トゥインゴ」のモデルラインナップに新グレード「S」を追加設定し、販売を開始した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る