クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

パナソニック「ゴリラ・アイ」
3衛星対応で測位性能が向上したドライブカメラ内蔵PND

2014.07.02 カーナビの達人2014 SUMMER

7V型モニターを搭載したパナソニックのポータブルナビ、デカゴリラが、ドライブカメラを背中に背負い、3衛星に対応して魅力アップ!

「ゴリラ・アイ」はナビ本体の背面にカメラを固定。広角&高感度のカメラは夜間でもくっきり広範囲を記録する。
「ゴリラ・アイ」はナビ本体の背面にカメラを固定。広角&高感度のカメラは夜間でもくっきり広範囲を記録する。 拡大
モニターは7V型ワイドVGA。ナビデータの記録メディアは16GBのSSDを使用する。FM-VICSで渋滞にも対応。
モニターは7V型ワイドVGA。ナビデータの記録メディアは16GBのSSDを使用する。FM-VICSで渋滞にも対応。 拡大
方位アイコンの横に受信中の衛星を表示。みちびきの下のGGはゴリラジャイロのこと。
方位アイコンの横に受信中の衛星を表示。みちびきの下のGGはゴリラジャイロのこと。 拡大
3衛星対応だからこんな峠道やビルが林立する街中でも衛星を受信する確率が高まる。
3衛星対応だからこんな峠道やビルが林立する街中でも衛星を受信する確率が高まる。 拡大

前方の風景を記録する楽しみを教えてくれる

2~3年前からドライブレコーダーの売れ行きが好調との話を聞くようになったが、輪をかけて人気が高まったのは、2013年にロシアに落下した隕石(いんせき)映像がYouTube等で話題になったあとだろうか。クルマのウィンドウ越しに映し出された隕石落下の様子は衝撃的で、もちろん万が一の事故を記録に残すというニーズもあるだろうが、ドライブした風景を記録したいという要求もこれを機に一気に増えたようだ。

ならば、オンダッシュタイプのポータブルナビの背中にカメラを付けてしまえとばかりに昨年登場したのが、パナソニックの「ゴリラ・アイ」。その最新モデルが「CN-GP747VD」である。

カメラは水平131度、垂直81度、対角165度の広角撮影が可能。最低照度3ルクスでも撮影可能な高感度カメラだから夜間でもきれいに撮影できる。画質は高画質/標準の2モードに切り替え可能で、高画質モードではハイビジョン相当の約92万画素の解像度で録画できる。

カメラがカーナビと合体したことで、便利な面も増えた。例えばカメラの調整が簡単なこと。カーナビの画面で映像を確認しながら、角度や明るさ、コントラストの調整ができる。また、録画した映像を確認するのもカーナビの画面で可能。映像と地図を2画面表示でき、撮影場所を地図で確認できるのも、カーナビ+カメラ合体型ならではだ。また、単体のドライブレコーダーだと、地デジやGPS受信に影響を与えることもあるが、最初から一体型のゴリラ・アイなら干渉しないように設計されているから安心だ。

録画はエンジン始動で自動的にスタート。約1分ごとに作成されるファイルが保存され、microSDカードが容量いっぱいになると、古いファイルから順に上書きされていく。また画面上のボタンにタッチすれば手動撮影が可能。この手動撮影のボタンを押せば、1分前にさかのぼって保存が可能。手動撮影した動画は上書きされずに残るので、美しい風景など残しておきたいシーンは手動で撮影するといい。手動撮影のボタンは、初期設定で動画と静止画に切り替えができる。
カメラの話ばかりになったが、カーナビ部も昨年モデルから大きく進化している。それは測位の部分。昨年モデルもGPSと準天頂衛星みちびきに対応していたのだが、今年はさらにロシアの測位衛星グロナスにも対応。トリプル衛星受信+Gジャイロのマルチ自車位置測位で、現在地表示の精度は大きく向上している。とくに、片側が山に遮られ、木々に覆われた山道や、高いビルが林立する都市部などでは有効。それは今回の箱根ドライブでも確認できた。

さらに、オプションのOBD2アダプターにも対応。これは車載コンピューターの自己故障診断システムで、ここから車速パルスを取得できる。だから、これを追加することで測位精度は本格ナビ並みに向上する。たとえGジャイロ搭載のゴリラといえども、長いトンネルに入ってGPSの電波が受けられない時間が長く続くと正確な測位はできなくなってしまうのだが、OBD2を加えることで、GPSの電波が受けられない場所でも本格ナビ並みに正確な測位が可能になるのだ。このODB2アダプターは2014年冬の発売予定だ。

スマートフォンのナビアプリの台頭で、一気にシュリンクしたかに見えたPND=ポータブルナビの市場だが、また盛り返しつつあるとの話を聞く。やはり画面が大きい、通信環境がなくても使えるなど、PND=ポータブルナビには、スマホのナビアプリにはない利点があるからだろう。ゴリラ・アイはそれに加えて、ドライブレコーダーの役割も持っているし、自車位置測位の精度の高さという、ナビアプリには太刀打ちできない強力な武器がある。

輸入車オーナーを中心に、純正ナビが役立たずで新しくしたいのだが、2DINナビがダッシュに入らないので困っているという話をよく耳にする。そんな悩みを抱えている人には、ゴリラ・アイがあると教えてあげたい。地図データはインターネットからダウンロードして更新できるが、2017年11月30日までは、年6回の地図データ更新が無料で利用できるのもありがたい。

基本性能はこんな感じ

●検索機能は?

ナビデータは16GBのSSDに格納。HDDナビと同等のデータ量だから、50音検索、住所検索、周辺ジャンル・周辺スポット検索など、充実の検索機能を使って目的地を検索できる。観光情報が充実しているのも特徴。旅行情報誌「るるぶ」約100冊分約3万3700件のるるぶDATAを収録し、地域別、県別で行きたい観光地のスポットを検索できる。詳細情報もわかるので、観光ガイドがなくても充実したドライブが可能だ。

●ルート探索は?

ルート探索は自動、有料優先、一般優先、eco、距離優先の5通りのルートを同時探索可能。1枚の地図でそれぞれのルートを見比べて、好みのルートを選ぶことができる。詳細情報ではそれぞれのルートの距離や料金等を一覧表示する。ecoルートは燃料消費とCO2の排出量が最も少ないルート。自動ルートと重なる場合が多い。今回のドライブは60~70km程度の距離だったこともあるが、ルート探索は素早く完了する。

●道案内は?

AVナビの「ストラーダ」同様、普段はボタンを隠して地図を広く見せ、必要な時だけ機能ボタンを呼び出せるフルスクリーンマップ&ランチャーメニューを採用。このおかげで地図はすっきり見やすい。道案内は3つ先の交差点のレーン情報を一覧表示できるルート情報が特徴的。事故多発地点警告や車上狙いが多発している盗難多発地点警告も、ポータブルナビにはとくにありがたい。速度に連動して案内の音量をアップする機能もある。

●AV機能は?

ポータブルナビではあるがSDカードに保存した音楽や動画データの再生機能はある。再生可能な音楽データはMP3とWMAの2形式、動画はMP4形式だ。また、静止画をナビ画面で見られるフォトビューワー機能もある。内蔵SSDの空き領域に音楽や写真、動画を保存しておくことも可能。音楽なら約75曲、動画なら約70分と収録量はそれほど多くはないが、いざというときに重宝する。音声はヘッドホン出力で外部に出力可能。

(解説=石田 功/写真=小河原 認)

---------------------------------------------------------------------

パナソニック「ゴリラ・アイ」
(CN-GP747VD)
オープン価格(実勢価格=7万円前後)
パナソニック「ゴリラ・アイ」
    (CN-GP747VD) 
    オープン価格(実勢価格=7万円前後)
    拡大

<機能表>
・地図メディア/容量:SSD/16GB
・ディスプレイ:7型ワイドVGA
・地デジチューナー:ワンセグ 収納式アンテナ
・地図更新:2017年11月30日まで無料
・対応スマホ:Android
・Bluetooth:-
・Wi-Fi:-

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。