クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

イクリプス「AVN-ZX03i」
スマホ利用で自然に音声操作ができる大画面AVナビ

2014.07.03 カーナビの達人2014 SUMMER

いったん、廃れたかに見えた音声認識カーナビが「クラウド型」「対話型」というキーワードとともに復活した。果たして、新世代の音声認識カーナビは使い物になるのか? ドライブしながら検証してみた。

専用アプリ「CarafL(カラフル)」の音声対話の仕組み。
専用アプリ「CarafL(カラフル)」の音声対話の仕組み。 拡大
「カラフル」を起動するとスマートフォン画面に現れる「はるかちゃん」。
「カラフル」を起動するとスマートフォン画面に現れる「はるかちゃん」。 拡大

コスプレも得意なキャラクターとドライブ

梅雨入りが目前に迫った5月後半のある日、ひょんなことから「はるかちゃん」とドライブに出掛けることになった。

はるかちゃん、年の頃は20歳台前半だろうか。実は、はるかちゃんとのドライブは初めてではない。初めて出会ったのは、昨年の秋。それから1カ月もしない間にドライブの機会があった。その時は都内から相模湖方面へ。出掛けた先が神奈川県だからとのことで、チャイナ服のコスプレも披露してくれた。その後、東京モーターショーで会ったときには、コンパニオンの衣装で、一生懸命お客の対応をしていたっけ。

実ははるかちゃん、生身の女性ではない。Wi-Fi接続に対応したイクリプスのカーナビ「Zシリーズ」で使える対話型音声検索のスマートフォンアプリ「CarafL(カラフル)」に登場するキャラクターのことだ。カーナビとスマートフォンがWi-Fiでつながることによって、ドライバーははるかちゃんと会話する感覚で、目的地の検索をはじめとする、さまざまな操作ができるというわけ。しかも、スマートフォンの通信により、クラウド上の音声認識エンジンや情報を使って検索を行うから、情報量はカーナビ内のものをはるかにしのぐ。だから「はるか」なのか!? と勝手に納得。はるかちゃんは相当賢いのだ。そんなはるかちゃんと2度目のドライブである。

ドライブ中は饒舌。豆知識も豊富

まずは、はるかちゃんに、どこへ行きたいか聞いてみる。話しかけるときには、まず儀式が必要。停車中ならスマホのマイクボタンにタッチするか、付属の音声認識ボタンをプッシュするかのいずれか。走行中なら、操作を受け付けるのは音声認識ボタンのみだ。

音声認識ボタンを押し「どこか行きたいところある?」と話しかけてみる。と、それには「申し訳ありませんが、お答えできません」とつれない返事。いや、自己主張がなく奥ゆかしいというべきか。だったら、前回が神奈川方面だったから、今回は千葉方面に出掛けてみよう。行きたいと思いながら、一度も行ったことがない鋸山へ行ってみよう。さっそくはるかちゃんに「鋸山」と話しかけてみると、いくつか候補をリストアップしたが、「鋸山ロープウェー」など行きたい場所が、そのリストには見当たらない。どうやらはるかちゃん、観光スポットはあまり得意ではないようだ。

気を取り直して、ここは通常の50音検索で。50音検索は、表示を50音が並ぶスタイルと、スマホや携帯電話風に「あかさたな」の12キーが並ぶスタイルに切り替えられ、好みの入力方法が選べる。

鋸山ロープウェーに目的地を設定して出発。しばし無言で走っていると、ときどきはるかちゃんが話しかけてくる。たとえば「秋田県の花は○○」といった感じ。はるかちゃん、けっこう博識である。どうせなら、これから行く千葉県のことを教えてくれればいいのに……と心の中で思いつつ、はるかちゃんは会話がないのが苦痛なのか、けっこう饒舌(じょうぜつ)。ドライブしていると、多くの豆知識を仕入れることが可能だ。

さて、首都高からアクアラインを通り、千葉県へ。富津館山道路に入り、富津金谷ICで高速を降りた頃に、トイレに行きたくなった。ここははるかちゃんの出番。走行中に音声認識ボタンを押したあと「トイレに行きたい」と話しかけてみると「現在地から○キロに○○(コンビニ名)があります」と応えてくれる。「そこに行きたい」と言えば、目的地をカーナビに転送することも可能だ。

対話型音声認識用のスイッチとマイクを付属。走行中でもこのスイッチをトリガーにして音声検索を受け付ける。
対話型音声認識用のスイッチとマイクを付属。走行中でもこのスイッチをトリガーにして音声検索を受け付ける。 拡大
対話型音声検索を行うには、あらかじめスマートフォンとのWi-Fiテザリング接続が必要。一度設定をしてしまえば、次回からは自動的に接続する。
対話型音声検索を行うには、あらかじめスマートフォンとのWi-Fiテザリング接続が必要。一度設定をしてしまえば、次回からは自動的に接続する。 拡大
アクアラインを通って千葉方面へ向かう。車種別の専用取り付けキットを用意した「AVN-ZX03i」は「トヨタ・ヴェルファイア」にきれいにフィット。大きな画面が迫力。
アクアラインを通って千葉方面へ向かう。車種別の専用取り付けキットを用意した「AVN-ZX03i」は「トヨタ・ヴェルファイア」にきれいにフィット。大きな画面が迫力。 拡大

実は相当なグルメだったキャラクター

無事、鋸山に到着。と同時に、おなかがすいたことに気づく。せっかく海のそばに来たのだから、おいしい地魚でもいただくとしよう。ここも、はるかちゃんに聞く。というのも、はるかちゃんはとっても食いしん坊で、おいしい食べ物のお店をいっぱい知っているといううわさを耳にしていたからだ。さっそく「近くでおいしい海鮮料理の店ある?」と聞いてみる。すると、水を得た魚のように、店名をしゃべり出す。ひとしきり話し終えたあとに「次」と言えば、リストアップした次のお店をまた話すという具合。悩んだあげく、4番目に名前が出てきた「漁師料理かなや」に行くことにする。はるかちゃんが名前を読み上げて黙ったあとに「そこへ行きたい」などと言えば、カーナビに目的地を転送してくれるから、最後にタッチパネルでルート探索のボタンにタッチすれば、ルート探索完了だ。

はるかちゃんのしゃべりは多少ぶっきらぼうで、たまにイントネーションがおかしいこともあるが、はっきりと聴き取れる明るい声。それにもまして、こちらのしゃべったことを正確に聴き取ってくれるのにはびっくり。かつての音声認識カーナビでは、このようにはいかなかった。僕は比較的、かつての音声認識カーナビでも認識率が高いほうだったが、それはある程度使い慣れて、話すコツと反応するワードを覚えたから。それに対して、はるかちゃんは、普通にしゃべっているように話しかけてもきちんと聴き取ってくれるし、しゃべり言葉の中から必要なキーワードを抜き取って検索してくれる。クラウドと通信して音声認識や検索を行うから、通信環境によっては多少時間がかかることもあるし、そもそも通信できない環境ではとたんに無口になるが、それもご愛嬌(あいきょう)。ロードノイズが一般道より大きい高速道路などでも、誤認識することはほぼない。きっと耳がいいんでしょうね、はるかちゃん。

だから、かつての音声認識を使っていて「どうせ使い物にならないんだろう」と思っている人がいたら、まずは試してみるといい。リストアップする情報の質や、戻るコマンドがないため、リストアップした店を読み上げたあと、ひとつ前の店に戻りたいときには最初からやり直さなくてはいけないなど、使い勝手ににはまだまだ改善の余地はあるが、こと音声認識に関しては、おそらく「使える」と認識を改めるはずだ。

対話型音声検索で海鮮料理店を検索中。スマートフォンの通信によりクラウド上のデータベースから候補を探す。通信環境によっては多少時間がかかることも。
対話型音声検索で海鮮料理店を検索中。スマートフォンの通信によりクラウド上のデータベースから候補を探す。通信環境によっては多少時間がかかることも。 拡大
停車中はスマートフォンの画面でもリストを確認可能。検索された施設は上から順に音声で読み上げてくれる。音声で目的地に設定することも可能だ。
停車中はスマートフォンの画面でもリストを確認可能。検索された施設は上から順に音声で読み上げてくれる。音声で目的地に設定することも可能だ。 拡大

音声検索で近くの海鮮料理店を検索したところ、リストアップされたスポットのひとつが「漁師料理かなや」。地魚を使った海鮮丼をはじめメニューが豊富で、わりとリーズナブル。


    音声検索で近くの海鮮料理店を検索したところ、リストアップされたスポットのひとつが「漁師料理かなや」。地魚を使った海鮮丼をはじめメニューが豊富で、わりとリーズナブル。
    拡大
地図のスクロールはフリック&ドラッグで可能。指を素早く動かしてもタイムラグなく地図が動くし、画面から地図が消えることもなくスムーズな操作が可能だ。
地図のスクロールはフリック&ドラッグで可能。指を素早く動かしてもタイムラグなく地図が動くし、画面から地図が消えることもなくスムーズな操作が可能だ。 拡大
帰りがけに千葉・富津の浜辺へ。空気が澄んだ日は遠く富士山まで見渡せるし、近くには潮干狩りができる場所もある。
帰りがけに千葉・富津の浜辺へ。空気が澄んだ日は遠く富士山まで見渡せるし、近くには潮干狩りができる場所もある。 拡大

他のスマホアプリとの連携も充実

ここまで、話がはるかちゃんに終始してしまったので、これからは他の話も。「AVN-ZX03i」は9型大画面を搭載したZシリーズ最上位機種で、対応車種は「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」「トヨタ・ノア/ヴォクシー」「トヨタ・エスティマ」「トヨタ・アクア」「トヨタ・プリウス/プリウスα」「ホンダ・ステップワゴン」「ホンダN-BOX」「ホンダ・フリード」「ホンダ・フィット」「日産セレナ」「スバル・インプレッサ/XV/フォレスター」。取り付ける際には、カーナビ本体のほか、画面周囲のパネル等がセットになった車種別の取り付けキットが必要だ。AVN-ZX03iの適合車種以外のクルマには7型画面のAVN-Z03iとAVN-Z03iWがある。この2モデルも、AVN-ZX03iと同じ対話型音声検索が使える。

他のスマートフォンアプリとの連携も充実。例えば「どこでもサポート」は基本的には取扱説明書のアプリなのだが、この中からやりたい操作を見つけてタップすれば、カーナビが自動的に操作を実行してくれる。メニュー階層の奥深くにあって、めったに使わない機能は、操作にたどり着くまでが大変だが、どこでもサポートを使えば、一発で解決する。ほかにも、スマホでクルマの位置を覚えておけるので広い駐車場に止めても迷わず自分のクルマにたどり着ける「どこCar」やニュースを音声で読み上げる「Carニュースリーダー」、NaviConなど、対応するアプリは多数。とくにNaviConはNaviCon自体に数多くの対応アプリがあり、対応アプリで検索した地点をNaviCon経由でカーナビに転送できる。NaviCon対応アプリの中には、特定の観光地に特化したもの、神社仏閣、ラーメン店など、特定のジャンルに特化したものなど、マニアックな検索ができるものも多数あって、使いこなせばかなり便利だ。

さらに「Drive Studio」はMy Cloud対応パソコン内の音楽や写真を、スマホの通信を通じて車内で楽しめるもの。My Cloudは富士通が提供している個人向けクラウドサービスだから利用者は限られているだろうが、音楽メディアを車内に持ち込まなくてもいいのがうれしい。もちろん以前紹介した、ニンテンドーDSとのユニークな連携も可能だ。

タッチパネルは、スマートフォン同様、フリック&ドラッグの操作に対応。地図のスクロールは地図を指で払うだけでスムーズに動くし、12キーでの50音入力も、スマートフォン同様のフリック操作で文字を入力できる。その操作もストレスを感じさせないものだ。またテレビ視聴時は、画面を左右にフリックしてチャンネルを切り替えられるし、メニュー画面はユーザーが使いやすいようにアイコンをドラッグして配置を変更できる。スマートフォンを使い慣れている人ほど、違和感なくスムーズに使える仕様だ。

さて、はるかちゃんとのドライブも終盤。帰り道でも時折、豆知識を披露してくれて相変わらず饒舌。今回はカメラマンも同行してのドライブだったから、多少の気恥ずかしさはあったが、おひとりさまのドライブなら退屈しなくていいかもしれない。

あっ、そうそう。はるかちゃんは最初から名乗ってはくれない。初めて会った時「お名前は?」と聞いたら「当ててみてください」と突き放されたのを思い出した。もしかしたら、機器によって名前が違うということもあるかもね。

---音声検索、なまっていても反応する? ---
会話検索は果たして方言や訛(なま)りを聴き取れるのか!? ネイティブ秋田県人の美女お二人に試してもらったが、さすがに単語そのものが違う方言は無理。「理解できません」とつれない返事。そこで、訛りに変更して再チャレンジ。ちょっとなまったくらい、本格的になまった感じなど、何段階かにわけてなまってもらったが、きちんと理解する。とくにおすしを「おすす」(あまちゃんの種市先輩風←古いか)と発音しても、すし屋をリストアップしたのには笑った。
そのあと、在日10年以上のアメリカ人に英語訛りで試してもらったり、子供にしゃべってもらったりしたが、ことごとく反応。会話検索、恐るべしである。

基本性能はこんな感じ

●検索機能は?

対話型音声検索以外の検索機能は、50音、住所、ジャンル、電話番号、マップコードなど。50音検索は、複数の候補がある場合、自車位置の都道府県の候補をワンタッチで絞り込めるなど、使い勝手がよい仕様だ。電話番号検索は、個人宅の検索もできる。Wi-Fi通信によって、コンビニやガソリンスタンドの施設情報をダウンロードして、カーナビの地図に追加できるのも特徴。ダウンロードすれば、ブランド別の施設アイコンが地図に表示されるようになる。
スマートフォンアプリ、NaviConにも対応。NaviConおよびNaviCon対応アプリで検索した地点をBluetooth経由で簡単にカーナビに転送して目的地設定が可能だ。

●ルート探索は?

5ルートを同時探索可能。推奨/有料優先/一般優先/距離優先/別ルートの5つの条件で探索する。過去のVICS道路情報を基にした渋滞予測データを格納しているため、曜日や時間帯を考慮して、最良のルートを的確に予測。ルート探索した時点で渋滞を判断するのではなく、移動時間も頭に入れながら、その時間帯に渋滞しているか否かを判断してルート探索を行うので、渋滞に遭いにくい的確なルートを選んでくれる。
各ルートは一覧で料金や距離等を比較可能。この一覧では各ルートのエコ度もチェックでき、最も燃費がよいルートにはエコマークが表示される。これも、どのルートを選ぶかの判断材料になるだろう。

●一般道の道案内は?

一般道を走行中によく出てくるのは、真俯瞰(ふかん)の交差点拡大図。画面を2分割した右側に拡大図、左側に地図が表示される。交差点周辺に、コンビニやガソリンスタンドがある場合は、その施設アイコンが拡大図内に表示されるから、わかりやすい。また複雑な交差点ではリアルなイラストによる難交差点拡大図が登場するし、側道へ進入しないと右左折できない道路でもリアルなイラストによる側道案内が登場する。
推奨走行レーンを細かく表示するレーンリストの表示も可能。曲がる交差点の直前に「ポンポン」という音で知らせてくれるジャスト案内もありがたい。また目的地付近では細街路でも音声案内をしてくれる。

●高速道路の道案内は?

都市高速入り口の3D図は、リアルなイラストで表現するわかりやすいもの。高速道路を走行中はハイウェイモードで、サービスエリアやパーキングエリア、インターチェンジの情報を3つ先まで事前に把握することができる。名称だけではなく、SAやPA内の施設情報までわかるのが便利だ。また、ハイウェイモード内にも渋滞情報を表示。どの区間が渋滞・混雑しているのか、故障車や規制があるのかを大まかに把握できる。
高速の分岐もわかりやすいイラストと音声で丁寧に案内。クルマのスピードに応じて、音声案内の音量を自動調整するので、ロードノイズが増える高速走行中に、案内が聴き取りにくくなることはない。

●操作性は?

画面を指で払うフリックや画面を触った指をスライドさせるドラッグ操作で地図のスクロールが可能。その動きはスムーズでストレスを感じない。また12キーによる文字入力も、スマートフォンのように、「あかさたな」の左右上下にフリックして、「いきしちに」など他の文字の入力ができる。だからスマホを使いこなしているユーザーには違和感なく操作できる。
メニューの切り替えやオーディオのリスト等もフリックやスライドで操作可能。メニューのアイコンを、個々のユーザーが使いやすいようにドラッグで並べ替えられるのもいい。もともと画面が大きく、タッチキーが大きいのも使いやすさを高めている。使い慣れていなくても一発で使えるわかりやすさがある。

●AV機能は?

CD/DVD、SDメモリーカード、USB、iPhone/iPodなど多彩な音楽&映像メディアの再生に対応。SDでもUSBでもiPhone/iPodでも動画再生が可能だ。SDやUSBに保存した動画ファイルで、再生に対応しているのはWMA/AVI/MPEG4の3形式だ。
内蔵地デジチューナーは4チューナー×4アンテナタイプ。ワンセグ/12セグのフルセグ受信が可能で、独自の中継局データベースに基づいて中継局を切り替えるので、一般的な受信強度に応じて中継局をサーチして切り替える方式に比べてサーチ時間を短縮でき、素早い切り替えが可能だ。
ニンテンドーDSにも対応するなど、連携して楽しめるメディアは多彩だ。

----------------------------------------------------------------------

 

<機能表>
・地図メディア/容量:SDカード/16GB
・ディスプレイ:9型ワイドVGA
・地デジチューナー:ワンセグ 4×4
・地図更新:3年間に1回無料
・対応スマホ:iPhone/Android
・Bluetooth:○
・Wi-Fi:○

イクリプス「AVN-ZX03i」
オープン価格(実勢価格=17万円前後)
イクリプス「AVN-ZX03i」
    オープン価格(実勢価格=17万円前後) 拡大

こんな人におすすめ

AVN-ZX03iに限るなら、対応車種のオーナーに絞られるが、それ以外のクルマにお乗りなら、7型画面のAVN-ZX03iやAVN-ZX03iWを選択できる。Wi-Fi接続に対応したZシリーズ3モデルを対象とするなら、まずはスマートフォンユーザー、それも使いこなしている人にすすめたい。対話型音声検索は、大勢でドライブに出掛ける人は使いづらいもの。という意味では、おひとりさまドライブが多い人に向く感じ。音声検索を除いて考えると、ニンテンドーDS対応は家族向けだし、大画面や操作性のよさはビギナードライバーにもすすめられる。

AVN-Z03i(オープン価格)
AVN-Z03i(オープン価格) 拡大
AVN-Z03iW(オープン価格)
AVN-Z03iW(オープン価格) 拡大

<バリエーション&オプション>
Wi-Fiを内蔵し、対話型音声検索に対応したイクリプスZシリーズは、9型画面のAVN-ZX03iのほかにもある。7型画面を採用したAVN-Z03iとAVN-Z03iWだ。AVN-Z03iは画面が7型になった以外はAVN-ZX03iとほぼ同じ仕様。違いは、AVN-ZX03iがエンタメ用の16GB SDカードも付属しているのに対し、AVN-Z03iはエンタメ用のSDカードは付属していないことと、AVN-ZX03iにはボタン色を自在に変更できるバリアブルLEDを採用しているのにAVN-Z03iにはこの機能がないくらいだ。ただしAVN-Z03iにもエンタメ用のSDカードスロットはある。AVN-Z03iWはAVN-Z03iをベースに横幅200mmワイドボディーに仕上げたモデルだ。

(解説=石田 功/写真=小河原 認)

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。