マクラーレンがサーキット専用P1 GTRを公開

2014.11.01 自動車ニュース
「マクラーレンP1 GTR」のデザインコンセプトカー。
「マクラーレンP1 GTR」のデザインコンセプトカー。 拡大

マクラーレンがサーキット専用「P1 GTR」を公開

マクラーレン・オートモーティブは2014年10月31日、サーキット専用モデル「マクラーレンP1 GTR」のデザインコンセプトカーを日本で初公開した。


マクラーレンがサーキット専用P1 GTRを公開の画像 拡大
日本初公開に際し、「マクラーレンP1」のプログラム・ディレクター、ポール・マッケンジー氏が来日した。
日本初公開に際し、「マクラーレンP1」のプログラム・ディレクター、ポール・マッケンジー氏が来日した。 拡大

■価格は約3億5000万円

ロードモデルの「マクラーレンP1」をベースとし、サーキット専用モデルに仕立てた。空力性能やパワーユニット出力を強化し(エンジン800ps、モーター200psの合計1000ps)、F1スタイルのステアリングホイールを装着するなど、サーキット向けにさまざまな改良を加えた。30台から35台の限定生産を予定しており、マクラーレンP1(完売)を購入した顧客だけに販売される。

価格は約3億5000万円(198万英ポンド)。この価格には車両だけでなく、レーシングドライバー向けトレーニングやドライビングシミュレーター体験、サーキット走行イベントへの参加権などが含まれている。

この走行イベントはマクラーレンP1 GTR購入者だけが参加できるもので、F1グランプリが開催されたサーキットを使用する予定。2015年9月から2016年12月までに10回開催され、購入者にはその中から6回に参加できる権利が与えられるという。

(webCG)

→「マクラーレンP1 GTR」の詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
P1, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • 「マクラーレンP1」発表会の会場から 2013.5.28 画像・写真 マクラーレンのニューモデル「P1」が日本上陸。そのディテールを写真で紹介する。
  • 「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場  2020.9.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。今回は走行性能向上に加えて、予防安全装備やインフォテインメントシステムの強化を図っている。
ホームへ戻る