マツダ、新型ロードスターを5月21日に発売

2015.05.20 自動車ニュース
新型「マツダ・ロードスター」と、主査の山本修弘氏。
新型「マツダ・ロードスター」と、主査の山本修弘氏。
    拡大

マツダ、新型「ロードスター」を5月21日に発売

マツダは2015年5月20日、新型「ロードスター」を同年5月21日に発売し、納車を開始すると発表した。

マツダ代表取締役社長の小飼雅道氏。
マツダ代表取締役社長の小飼雅道氏。
    拡大

マツダ、新型ロードスターを5月21日に発売の画像 拡大

4代目となる新型マツダ・ロードスターは、2014年9月に日本、米国、スペインにおいて世界初公開され、2015年3月20日には日本市場における価格やモデルの詳細が発表された。予約受け付けがスタートしたのは同年4月4日のことで、5月17日までの予約受注台数は、月販計画台数(500台)の6倍を超える3323台となっている。

同車の発売については、当初は2015年6月とアナウンスされていたが、市場からの反響の大きさと、「できれば最初の納車を5月末の『軽井沢ミーティング』(軽井沢で行われるロードスターのオーナーイベント)に間に合わせたい」(主査の山本修弘氏)という意向から、スケジュールを繰り上げることとなったという。

ロードスターの価格は、249万4800円~314万2800円。

(webCG)

→新型「マツダ・ロードスター」の発表会の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
ロードスター, マツダ, 自動車ニュース

マツダ ロードスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ100周年特別記念車 2020.6.19 画像・写真 マツダは2020年4月3日から2021年3月31日まで、同社の創立100周年を記念する特別仕様車を販売する。今回は、その中から7モデルをピックアップ。特徴的なディテールやカラーコーディネートを写真で紹介する。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • マツダの各車に創立100周年記念モデルが登場 白と赤のカラーリングが特徴 2020.4.3 自動車ニュース マツダが、「マツダ2」「マツダ3」「マツダ6」「CX-3」「CX-30」「CX-5」「CX-8」「ロードスター」に「100周年特別記念車」を設定し、予約受注を開始した。マツダ初の乗用モデル「R360クーペ」をモチーフにしたカラーリングが特徴となっている。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブSパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.3.30 試乗記 さらなる高みを目指し、発売後も惜しみなく製品の改良を続けるというマツダ。その基本方針と車両の進化を確かめるべく、3列シートSUV「CX-8」の最新モデルに試乗した。販売の半数以上を占めるというディーゼルモデルの印象を報告する。
ホームへ戻る