ホンダが「N-BOXスラッシュ」を一部改良し、発売

2016.09.15 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュX・ターボパッケージ」。ボディーカラーはアッシュグリーン・メタリック&ブラック。
「ホンダN-BOXスラッシュX・ターボパッケージ」。ボディーカラーはアッシュグリーン・メタリック&ブラック。 拡大

本田技研工業は2016年9月15日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」の一部仕様を変更し、同年9月16日に発売すると発表した。

 

 

「ホンダN-BOXスラッシュG」。ボディーカラーはシャイニンググレー・メタリック。
「ホンダN-BOXスラッシュG」。ボディーカラーはシャイニンググレー・メタリック。 拡大
今回ラインナップに加わったインテリアカラーパッケージ「トレッキングスタイル」
今回ラインナップに加わったインテリアカラーパッケージ「トレッキングスタイル」 拡大

今回、内外装のカラーバリエーションの拡充と、快適装備の追加が実施された。

内装では、インテリアカラーパッケージのラインナップに、グリーンを基調にオレンジのアクセントを取り入れた「トレッキングスタイル」が追加された。一方、外装では、ボディーカラーに新色の「シャイニンググレー・メタリック」と「クリスタルブラック・パール」の2色が用意された。2色ともルーフを塗り分ける「2トーンカラースタイル」が選択可能で、前者はブラック、後者はホワイトのルーフカラーとなる。2トーンカラースタイルには別の組み合わせも追加されており、「サーフブルー&ブラック」、「アッシュグリーン・メタリック&ブラック」が設定された。また、「X・ターボパッケージ」専用の15インチアルミホイールに新デザインを採用している。

快適装備については、紫外線と赤外線をカットする窓ガラスの「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」と、「充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個)」が用意された。

そのほか、「G・Lインテリアカラーパッケージ」「G・ターボLインテリアカラーパッケージ」グレードの標準装備であった、プリクラッシュブレーキシステムとサイド・カーテンエアバッグを組み合わせた「あんしんパッケージ」を、メーカーオプション設定とすることで、カラーパッケージ装着車の値下げを実施している。

価格は「G」(FF車)の132万円から、X・ターボパッケージ(4WD)の184万円まで。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-BOXスラッシュ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOXスラッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • 第105回:N-BOXは怪獣だ 2018.10.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第105回は「N-BOXは怪獣だ」。広報車とディーラー車では乗り味が違うってホント!? 今、日本で一番売れている、事実上の国民車「ホンダN-BOX」をプチ検証。実物を前に、筆者が導き出した答えとは?
  • ホンダN-BOX G・EX Honda SENSINGプロトタイプ/N-BOXカスタムG・EXターボHonda SENSINGプロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る