ホンダが「N-BOXスラッシュ」を一部改良し、発売

2016.09.15 自動車ニュース
「ホンダN-BOXスラッシュX・ターボパッケージ」。ボディーカラーはアッシュグリーン・メタリック&ブラック。
「ホンダN-BOXスラッシュX・ターボパッケージ」。ボディーカラーはアッシュグリーン・メタリック&ブラック。 拡大

本田技研工業は2016年9月15日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」の一部仕様を変更し、同年9月16日に発売すると発表した。

 

 

「ホンダN-BOXスラッシュG」。ボディーカラーはシャイニンググレー・メタリック。
「ホンダN-BOXスラッシュG」。ボディーカラーはシャイニンググレー・メタリック。 拡大
今回ラインナップに加わったインテリアカラーパッケージ「トレッキングスタイル」
今回ラインナップに加わったインテリアカラーパッケージ「トレッキングスタイル」 拡大

今回、内外装のカラーバリエーションの拡充と、快適装備の追加が実施された。

内装では、インテリアカラーパッケージのラインナップに、グリーンを基調にオレンジのアクセントを取り入れた「トレッキングスタイル」が追加された。一方、外装では、ボディーカラーに新色の「シャイニンググレー・メタリック」と「クリスタルブラック・パール」の2色が用意された。2色ともルーフを塗り分ける「2トーンカラースタイル」が選択可能で、前者はブラック、後者はホワイトのルーフカラーとなる。2トーンカラースタイルには別の組み合わせも追加されており、「サーフブルー&ブラック」、「アッシュグリーン・メタリック&ブラック」が設定された。また、「X・ターボパッケージ」専用の15インチアルミホイールに新デザインを採用している。

快適装備については、紫外線と赤外線をカットする窓ガラスの「360°スーパーUV・IRカットパッケージ」と、「充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個)」が用意された。

そのほか、「G・Lインテリアカラーパッケージ」「G・ターボLインテリアカラーパッケージ」グレードの標準装備であった、プリクラッシュブレーキシステムとサイド・カーテンエアバッグを組み合わせた「あんしんパッケージ」を、メーカーオプション設定とすることで、カラーパッケージ装着車の値下げを実施している。

価格は「G」(FF車)の132万円から、X・ターボパッケージ(4WD)の184万円まで。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-BOXスラッシュ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOXスラッシュ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツR-DYNAMIC SE D180(4WD/9AT)【試乗記】 2020.5.7 試乗記 ランドローバーのエントリーモデル「ディスカバリー スポーツ」がビッグマイナーチェンジ。ディーゼルエンジン搭載の「R-DYNAMIC SE D180」に試乗し、最新のプラットフォームを用いたシャシーや新たに採用された運転支援機能の仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る