コンチネンタルから新タイヤ「ウルトラコンタクトUC6」登場

2017.01.25 自動車ニュース
「コンチネンタル・ウルトラコンタクトUC6」
「コンチネンタル・ウルトラコンタクトUC6」拡大

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは2017年1月25日、アジア太平洋地域向けに専用開発された新製品「UltraContact(ウルトラコンタクト)UC6」を、同年2月15日に発売すると発表した。

ウエット路面走行時における、「ウォータースライダーシステム」による縦溝への水の誘導の図解。
ウエット路面走行時における、「ウォータースライダーシステム」による縦溝への水の誘導の図解。拡大
縦溝を空気が通ることで発生する音を低減する、「ノイズブレーカー」のイラスト。
縦溝を空気が通ることで発生する音を低減する、「ノイズブレーカー」のイラスト。拡大

今回発表されたウルトラコンタクトUC6は、ドライブレーキ性能、ウエットブレーキ性能、快適性能、静粛性能、燃費性能などを高次元で併せ持ったオールラウンドタイヤである。

雨どいの原理を応用して開発された「ウォータースライダーシステム」や、ブレーキング時の路面設置面積を最大化することでグリップ力を高める「ダイヤモンドエッジパターン」、グリップ力を高めるポリマーと摩耗に強いポリマーを配合した「セルフアダプティブコンパウンド」、タイヤの縦溝で発生するノイズを抑制する「ノイズブレーカー」などの技術を採用することにより、あらゆるドライブシーンにおいてストレスを感じない快適性と走行性の両立を実現したという。

タイヤサイズは205/65R16~255/45R18の32種類で、価格はオープンプライス。

(webCG)
 

関連キーワード:
カーナビ/オーディオ/パーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事