【F1 2017 速報】第8戦でリカルド&レッドブルが今季初優勝

2017.06.26 自動車ニュース

F1世界選手権第8戦アゼルバイジャンGPの決勝が、2017年6月25日、アゼルバイジャンのバクー・シティ・サーキット(6.003km)を51周して行われた。

度重なるセーフティーカーに赤旗中断。大荒れのレースを制したのは、レッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルド。2016年マレーシアGP以来となる、今季初、自身通算5度目の勝利を飾った。

2位はメルセデスのバルテリ・ボッタス。予選2位からスタート直後の接触で大きく後退するも、前車が次々とつぶれ、さらにはセーフティーカーでラップダウンを解消。ファイナルラップのゴールライン直前で2位の座を勝ち取った。

3位に入ったのはウィリアムズ・メルセデスのランス・ストロール。地元での開催となった前戦カナダGPで9位初入賞したばかりのルーキーは、最後の最後にボッタスにかわされたものの、プレッシャーに負けず初めてのポディウムにのぼった。

タイトルを争う2人の間には遺恨が残るレースとなった。セーフティーカーラン中、首位を走るメルセデスのルイス・ハミルトンに、2位フェラーリのセバスチャン・ベッテルが追突。怒ったベッテルは勢い余ってマシンで体当たりしてしまった。この危険なドライビングでペナルティーを受けたベッテルは4位、ヘッドレストが緩み緊急ピットインせざるを得なかったハミルトンは5位でチェッカードフラッグを受けた。

フォースインディア・メルセデスのエステバン・オコンは一時表彰台を狙える位置につけるも6位、ハース・フェラーリのケビン・マグヌッセンは7位でゴールした。トロロッソ・ルノーのカルロス・サインツJr.の8位に次いで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが今季初入賞となる9位フィニッシュ。入賞圏最後の10位には、ザウバー・フェラーリのパスカル・ウェーレインが入った。

以下、11位マーカス・エリクソン(ザウバー)、12位ストフェル・バンドールン(マクラーレン)、13位ロメ・グロジャン(ハース)、14位キミ・ライコネン(フェラーリ)が完走した。

ポイントリーダーは変わらずベッテルで153点。ランキング2位ハミルトンとの差は2点広がり14点となった。3位ボッタスは111点、4位に上がったリカルドは92点、5位に下がったライコネンは73点を稼いでいる。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス250点、2位フェラーリ226点、3位レッドブル137点、4位フォースインディア79点、5位ウィリアムズ37点と続く。

(文=bg)

 
【F1 2017 速報】第8戦でリカルド&レッドブルが今季初優勝の画像拡大

関連キーワード:
F1 2017, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事