【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開

2017.09.13 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエン ターボ」
「ポルシェ・カイエン ターボ」拡大

独ポルシェは2017年9月12日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「カイエン ターボ」を世界初公開した。

 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】ポルシェが新型「カイエン ターボ」を世界初公開の画像拡大

3代目となる新型「カイエン」が発表されたのは、2017年8月末のこと。当初ラインナップされた「カイエン」「カイエンS」に続き、現時点でのトップグレードとなるカイエン ターボがワールドプレミアされた。

新型のハイライトとなるエンジンは、従来の4.8リッターV8ツインターボに代えて、新たに4リッターV8ツインターボを採用。ターボチャージャーをエンジンのバンク間にレイアウトするこのユニットは、従来型を30psと20Nm上回る550psと770Nmを発生。8段ATと4WDシステム「ポルシェトラクションマネージメントシステム」が組み合わされており、0-100km/h加速は4.1秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.9秒)、最高速度は286km/hと公表される。

「アダプティブルーフスポイラー」が搭載されたのもニュースだ。この可変空力パーツは、効率の最適化やリアアクスルのダウンフォース増加に寄与するもので、エアブレーキポジションでは高速走行時の制動距離が短縮され、250km/hからのフルブレーキングにおいて、アダプティブルーフスポイラー非装着の車両に比べて、制動距離を最大2m短縮できるという。

拡大されたエアインテークや水平にカットされたヘッドランプなどの外装デザインはベーシックモデルと同様ながら、カイエン ターボはポルシェダイナミックライトシステムのLEDヘッドライトを標準装備。このほか、「21インチターボホイール」や専用ツインテールパイプも同車の特徴となっている。ドアトリムとリアエプロンはボディーと同色に塗装される。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, フランクフルトモーターショー2017, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
  • ポルシェが「カイエンEハイブリッド」の予約受注を開始 2019.6.7 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年6月7日、プラグインハイブリッドモデル「カイエンEハイブリッド」の予約受注を開始した。日本導入モデルは8段ATの右ハンドル仕様で、価格は1216万円。国内正式発売日は、決定し次第発表するとしている。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • カンナム・ライカー ラリーエディション(MR/CVT)【レビュー】 2019.6.7 試乗記 BRPの三輪モーターサイクル「Can-Am(カンナム)」に、スポーティーなエントリーモデル「ライカー」シリーズが登場。類例のないデザインが存在感を放つニューモデルは、二輪とも四輪とも一味違う、スポーティーな走りが楽しめるマシンだった。
ホームへ戻る