ホンダとマクラーレンがF1でのパートナーシップを解消

2017.09.15 自動車ニュース

本田技研工業は2017年9月15日、F1世界選手権におけるマクラーレンとのパートナーシップを2017年シーズン限りで解消すると発表した。

これにより、2015年のシリーズ復帰以来継続されてきた、ホンダのマクラーレンに対するパワーユニット供給は終了。残る2017年シーズンのレースについては、マクラーレン・ホンダとしての参戦が継続されるが、2018年からは、現在ルノー製パワーユニットを使用しているF1チーム、トロロッソへのパワーユニット供給を開始し、この1チーム体制でF1に参戦するという。

今回の決定について、マクラーレングループのエグゼクティブチェアマン兼執行委員会代表を務めるシェイク・モハメド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ氏は、「F1での成功を目指してきた努力は意義あるものだと思うが、今この時点では、(マクラーレンとホンダは)別々にレースに情熱を注いでいくことがお互いにとってベストと考え、今回の結論に至った」との声明を発表。

ホンダの八郷隆弘代表取締役社長も、「志半ばでマクラーレンとたもとを分かつのは非常に残念」としながら、「お互いの将来に向けた最善の道として決断した」などとコメントした。

2018年からタッグを組むことになるトロロッソについては、「才能あるドライバーを数多く輩出してきた若さと勢いのあるチームで、彼らと共にチャレンジできることを、とてもうれしく思う」としている。

(webCG)

2017年8月、ベルギーGPにおいてレースに臨む2台のマクラーレン・ホンダ。
2017年8月、ベルギーGPにおいてレースに臨む2台のマクラーレン・ホンダ。拡大

関連キーワード:
F1 2017, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事