安全性能を強化した「三菱RVR」発売

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVR」
「三菱RVR」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、仕様変更を施したコンパクトSUV「三菱RVR」を発表。同日、販売を開始した。

「RVR G」のインテリア。
「RVR G」のインテリア。拡大
センターコンソールのシフトレバー前方には、スマートフォン用のトレイが用意される。
センターコンソールのシフトレバー前方には、スマートフォン用のトレイが用意される。拡大
 
安全性能を強化した「三菱RVR」発売の画像拡大

今回の仕様変更では主に、内外装に手直しが施されるとともに、安全装備の充実が図られた。エクステリアは、フロントのバンパーおよびグリル、リアバンパーのデザインをあらため、テールゲートにメッキガーニッシュを装着。アグレッシブでスポーティーなイメージを演出した。

インテリアは、センターパネルやシフトポジションインジケーターパネル、シフトレバー周辺部のデザインを変更。センターコンソールのフロア部分に取り外し可能なスマートフォントレイを用意するなど、利便性を向上させた。

さらに上級グレード「G」では、パワーウィンドウスイッチパネルにシルバー塗装を施すとともに、スエード調人工皮革と合成皮革を用いたレッドステッチ入りのコンビシートをオプション設定した。

安全装備については、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システムなどからなる予防安全技術「e-Assist」をGグレードに標準装備、ベーシックグレード「M」にはオプションとして用意した。

そのほか、スマートフォンとの連携機能を追加した「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」をオプション設定したのも新しい。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • RVR M(FF車):205万8480円
  • RVR M(4WD車):229万5000円
  • RVR G(FF車):230万4720円
  • RVR G(4WD車):254万1240円

(webCG)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る