安全性能を強化した「三菱RVR」発売

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVR」
「三菱RVR」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、仕様変更を施したコンパクトSUV「三菱RVR」を発表。同日、販売を開始した。

「RVR G」のインテリア。
「RVR G」のインテリア。拡大
センターコンソールのシフトレバー前方には、スマートフォン用のトレイが用意される。
センターコンソールのシフトレバー前方には、スマートフォン用のトレイが用意される。拡大
 
安全性能を強化した「三菱RVR」発売の画像拡大

今回の仕様変更では主に、内外装に手直しが施されるとともに、安全装備の充実が図られた。エクステリアは、フロントのバンパーおよびグリル、リアバンパーのデザインをあらため、テールゲートにメッキガーニッシュを装着。アグレッシブでスポーティーなイメージを演出した。

インテリアは、センターパネルやシフトポジションインジケーターパネル、シフトレバー周辺部のデザインを変更。センターコンソールのフロア部分に取り外し可能なスマートフォントレイを用意するなど、利便性を向上させた。

さらに上級グレード「G」では、パワーウィンドウスイッチパネルにシルバー塗装を施すとともに、スエード調人工皮革と合成皮革を用いたレッドステッチ入りのコンビシートをオプション設定した。

安全装備については、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システムなどからなる予防安全技術「e-Assist」をGグレードに標準装備、ベーシックグレード「M」にはオプションとして用意した。

そのほか、スマートフォンとの連携機能を追加した「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」をオプション設定したのも新しい。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • RVR M(FF車):205万8480円
  • RVR M(4WD車):229万5000円
  • RVR G(FF車):230万4720円
  • RVR G(4WD車):254万1240円

(webCG)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • 三菱パジェロ クリーンディーゼルシリーズ【試乗速報】 2010.9.6 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード(4WD/5AT)/ロング エクシード(4WD/5AT)/ショート VR-II(4WD/5AT)
    ……487万2000円/440万4750円/384万3000円

    「三菱パジェロ」が新たにポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載した。環境性能だけでなく動力性能も同時に向上させた新型にオフロードコースで試乗し、ディーゼルのメリットを確かめた。
  • 2022年にデビュー!? ランボルギーニの次期フラッグシップはきっとこうなる! 2020.9.18 デイリーコラム 年明け2021年にはデビュー10周年を迎える、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」。生産1万台を達成した成功作の後継はどんなモデルになるのだろうか? “猛牛マニア”の西川 淳はこう予想する。
ホームへ戻る