安全性能を強化した「三菱RVR」発売

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVR」
「三菱RVR」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、仕様変更を施したコンパクトSUV「三菱RVR」を発表。同日、販売を開始した。

「RVR G」のインテリア。
「RVR G」のインテリア。拡大
センターコンソールのシフトレバー前方には、スマートフォン用のトレイが用意される。
センターコンソールのシフトレバー前方には、スマートフォン用のトレイが用意される。拡大
 
安全性能を強化した「三菱RVR」発売の画像拡大

今回の仕様変更では主に、内外装に手直しが施されるとともに、安全装備の充実が図られた。エクステリアは、フロントのバンパーおよびグリル、リアバンパーのデザインをあらため、テールゲートにメッキガーニッシュを装着。アグレッシブでスポーティーなイメージを演出した。

インテリアは、センターパネルやシフトポジションインジケーターパネル、シフトレバー周辺部のデザインを変更。センターコンソールのフロア部分に取り外し可能なスマートフォントレイを用意するなど、利便性を向上させた。

さらに上級グレード「G」では、パワーウィンドウスイッチパネルにシルバー塗装を施すとともに、スエード調人工皮革と合成皮革を用いたレッドステッチ入りのコンビシートをオプション設定した。

安全装備については、衝突被害軽減ブレーキシステムや車線逸脱警報システムなどからなる予防安全技術「e-Assist」をGグレードに標準装備、ベーシックグレード「M」にはオプションとして用意した。

そのほか、スマートフォンとの連携機能を追加した「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)」をオプション設定したのも新しい。

ラインナップと価格は、以下の通り。

  • RVR M(FF車):205万8480円
  • RVR M(4WD車):229万5000円
  • RVR G(FF車):230万4720円
  • RVR G(4WD車):254万1240円

(webCG)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
ホームへ戻る