スバルが「サンバーバン」と「ディアスワゴン」を一部改良

2017.11.14 自動車ニュース
「スバル・サンバーバン」
「スバル・サンバーバン」拡大

スバルは2017年11月13日、軽キャブバンの「サンバーバン」および「ディアスワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「サンバーバン」のインテリア。
「サンバーバン」のインテリア。拡大
「ディアスワゴン」
「ディアスワゴン」拡大
「ディアスワゴン」のインテリア。
「ディアスワゴン」のインテリア。拡大

サンバーバンおよびディアスワゴンは、スバルがダイハツ工業からOEM供給を受けて販売する軽自動車である。今回の改良は、姉妹車にあたる「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」と「ダイハツ・アトレーワゴン」のマイナーチェンジを受けて実施された。

サンバーバンにはABSを、ディアスワゴンにはVDCを標準装備としたほか、両車とも主要グレードに予防安全システムの「スマートアシストIII」を採用するなど、安全装備を強化した。

また、両車ともフロントマスクとリアバンパーまわりのデザインを刷新。インテリアについては、ブラック基調のデザインを採用し、質感の向上を図っている。

価格はサンバーバンが95万9040円~165万5640円、ディアスワゴンが156万0600円~181万4400円。

(webCG)

関連キーワード:
ディアスワゴン, サンバーバン, スバル, 自動車ニュース

スバル ディアスワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る 2012.3.30 エディターから一言 2012年2月をもって生産が終了した、スバルの軽自動車「サンバー」。半世紀以上にわたる、その歴史を振り返る。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(後編) 2021.5.9 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。前編では内装のつくりを絶賛した山野だったが、話題はいよいよ走りの印象におよぶ。「ハンドリングがそっくり」と語る意外な車名とは!?
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ(前編) 2021.5.2 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「ルノー・トゥインゴ」に試乗。これまで「ポルシェ911」や「ホンダNSX」などを相手にしてきた山野にとっては、初めての「フツーのクルマ」である。果たしてどんな評価を下すのだろうか。
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.4.24 試乗記 個性的な軽スポーツカーとして、多くのクルマ好きに愛されてきた「ホンダS660」。そのラストを飾る特別仕立ての一台は、軽という枠を感じさせない、大人っぽい走りを味わわせてくれた。
  • ホンダCRF250ラリー<s>(6MT)【レビュー】 2021.4.21 試乗記 ラリーマシンをほうふつとさせる、ホンダの250cc級アドベンチャーモデル「CRF250ラリー」がフルモデルチェンジ。車体もエンジンも新しくなった新型は、普段使いでも「ホンダの本気」を感じられる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る