恒例のピレリカレンダー、2018年版が登場

2017.11.14 自動車ニュース
2018年版ピレリカレンダーに起用されたダッキー・ソット。
2018年版ピレリカレンダーに起用されたダッキー・ソット。拡大

イタリアのタイヤメーカーのピレリは2017年11月10日(現地時間)、恒例の「ピレリカレンダー」をニューヨークで発表した。45作目となる2018年版はイギリス人フォトグラファーの、ティム・ウォーカー氏が撮影した。

ショーン・コムズ(左)とナオミ・キャンベル。
ショーン・コムズ(左)とナオミ・キャンベル。拡大
ルポール(左)とジャイモン・フンスー。
ルポール(左)とジャイモン・フンスー。拡大
タンド・ホパ(左)とウーピー・ゴールドバーグ。
タンド・ホパ(左)とウーピー・ゴールドバーグ。拡大

さまざまなジャンルから18人を起用

2018年版ピレリカレンダーは、イギリス文学の名作である『不思議の国のアリス』の再現がテーマ。ファンタジーあふれるストーリーと、1865年の初版本に描かれた挿絵からインスピレーションを得て撮影されたという、28枚の写真が収められている。ティム氏は自身のアイデアを実現するため、著名、または新進気鋭のミュージシャンや俳優、モデル、政治活動家など、18人を被写体として起用している。

今回、起用された人物は以下の通り。

アダット・アケチ(モデル)、アドウォア・アボアー(ファッションモデル/フェミニスト活動家)、アルファ・ディア(モデル)、ジャイモン・フンスー(俳優/モデル)、ダッキー・ソット(モデル)、ジャハ・デュクレ(女権活動家)、キング・オウス(モデル)、リル・ヨッティ(ラッパー/シンガー)、ルピタ・ニョンゴ(女優)、ナオミ・キャンベル(スーパーモデル/女優)、ルポール(俳優/テレビパーソナリティー/シンガーソングライター)、サッシャ・レーン(女優)、ショーン・コムズ(ラッパー/シンガーソングライター/俳優/レコードプロデューサー/起業家)、スリック・ウッズ(モデル)、タンド・ホパ(モデル/弁護士)、ウーピー・ゴールドバーグ(女優/コメディアン/作家/テレビホスト)、ウィルソン・オリエマ(モデル)、Zoe Bedeaux(ファッションスタイリスト/デザイナー/シンガー)。

ティム氏は「私は、これまで非常にたくさん語られてきたアリスの物語について、あらためてもう一度最初から語れるように、ルイス・キャロルが抱いていたイマジネーションの発端に立ってみたかったのです。そして、これまでとは異なる原点を見いだしたかったのです」と述べている。

(webCG)

関連キーワード:
ピレリ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • T.50 NEW

    T.50

    2020.8.6画像・写真
    英国のゴードン・マレー・オートモーティブが新型スーパーカー「T.50」を発表した。最高出力663PSのV12エンジンを全長4352mmのコンパクトなボディーに積み、リアには空力などをコントロールする電動ファンを備えたニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』 NEW

    第222回:子供だってトラックとワゴンの違いはわかります 『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』

    2020.8.6読んでますカー、観てますカー
    ジークとアールとディックは売れないバンド仲間。練習と称してガレージに集まりバカ騒ぎしていると、あることが原因でディックが死んでしまう。殺人事件として捜査が進む中、自分たちが関わっていることを知られたくないジークとアールはその場しのぎのウソをつき痕跡を消そうとする。
  • BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】 NEW

    BMW X3 M40d/BMWアルピナXD3(前編)【試乗記】

    2020.8.6試乗記
    「BMW X3 M40d」と「BMWアルピナXD3」。3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する“似た者同士”の高性能SUVに試乗し、それぞれの特徴をリポートする。まずは前編、BMW X3 M40dから。
  • ホンダe(後編)

    ホンダe(後編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編)

    ホンダe(前編)

    2020.8.5画像・写真
    ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】

    2020.8.5試乗記
    WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。