連携性と安全性を高めた「レンジローバー スポーツ」限定発売

2017.12.27 自動車ニュース

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年12月27日、スポーツSUV「ランドローバー・レンジローバー スポーツ」の限定車「レンジローバー スポーツSORIHULL(ソリハル)」を発表し、同日、受注を開始した。

通信機能と運転支援が見どころ

今回のレンジローバー スポーツ ソリハルは、3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「レンジローバー スポーツHSEダイナミック」の2017年モデルがベース。スマートフォンを介した車両の状態の確認や、離れた場所からのエアコン操作などが可能になる「InControlプロテクト」と「InControlコネクトプロ」の機能が与えられる。さらに、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストをはじめとするドライバー支援システムも備わる。

ボディーカラーはシリコンシルバーのみで、サテンブラックのミラーキャップや22インチアロイホイール、ダークフィニッシュのランプなどでドレスアップされている。

主な特別装備は以下の通り。

  • ステルスパック(サテンブラックのミラーキャップ、テールゲートおよびボンネットのRANGE ROVERスクリプト、フォグランプべゼル、フロントグリル、トーアイカバー、テールゲートフィニッシャー、サイドフェンダーベント、エクステリアアクセント、ダークフィニッシュヘッドランプ)
  • 22インチ スタイル508アロイホイール(5スプリットスポークサテンブラックフィニッシュ)
  • スライディングパノラミックルーフ(サンブラインド付き電動開閉式)
  • Meridianサラウンドサウンドオーディオシステム(825Wサブウーファーを含む19スピーカー)
  • リアシートエンターテインメントシステム<8インチ スクリーン>(whitefireヘッドホン2台付き)
  • シートヒーター(フロントおよびリア)
  • アドバンスドパークアシスト(縦列駐車および出庫/並列駐車支援機能付き)360度パークディスタンスコントロール
  • ドライブプロパック(ドライバーコンディションモニター、キューアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、リバーストラフィックディテクション付きブラインドスポットアシスト)
  • InControlプロテクト
  • InControlコネクトプロパック(InControlアプリ、InControlリモートプレミアム、Wi-Fiホットスポット)

価格は1230万円。15台限定で販売される。

(webCG)

「ランドローバー・レンジローバー スポーツ ソリハル」
「ランドローバー・レンジローバー スポーツ ソリハル」拡大

関連キーワード:
レンジローバー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【レビュー】 2019.6.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。
  • 新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸 2019.5.30 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年5月30日、新型「レンジローバー イヴォーク」を導入し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。新型では内外装のデザインを一新したほか、ブランド初となるプラグインハイブリッドモデルも設定した。
ホームへ戻る